zakzak

記事詳細

大阪に「人気」と「老舗」のコラボ店! その名も「博多 元祖長浜ラーメン 清乃」

 今回、大阪に出張に行くにあたり新店チェックをしていてこの店を発見。ものすごく驚いた。グルメサイトのラーメン部門全国1位にもなったことのある和歌山県有田市にある人気ラーメン店「和 dining 清乃」と通称「がんなが」と呼ばれている博多の老舗有名店「元祖長浜屋」のコラボ店が梅田にオープンしていたのだ。

 その店名は「博多 元祖長浜ラーメン 清乃」で合体したような店名で今年11月5日オープンしたばかり。店内に入り、お店の人に「ここって有田市の「清乃」の関連店なんですか?」と改めて効いてしまったほど。もちろん答えは「そうです」だった。

 ただし、「元祖長浜屋」の文字は店内外にはなかったし、その質問をしてくるのを忘れた。後で事情通に確認したら間違いなかった。最初に情報発信した人が間違えて、それがそのまま流れたということはないのか? というくらいに驚きの事実。

 コラボだから博多の麺じゃなくてもいいのだが麺は大阪の製麺所製のもの。メニューは基本の「長浜ラーメン」と「博多魚介豚骨ラーメン」の二本立てで後者を注文した。

 麺の固さは「バリ」「カタ」「フツウ」「ヤワ」の4通りから選ぶことができるので「カタ」にしたがそんなに固めではなかった。スープは十分濃い豚骨スープに魚介もがっしり効いた味でこう言ってはなんだが意外とうまい。

 濃いめの「スガキヤ」(愛知県で人気の老舗ラーメン店)的な味わい。なかなかおいしくいただけてしまうのは素晴らしい。スープはセントラルキッチンとかではなく、店でちゃんと炊いているらしいのにも驚いた。さらにはうま味調味料使ってないということにもビックリ。豚骨ラーメンにはかなりの割合で使われているからだ。

 少し残念だったのはチャーシューが少々臭いがあったこと。スープに沈めて臭いを減らしてから食べた。他の具は魚介豚骨の場合、キクラゲとネギ。ネギは増量可能なので増やしてもらった。

 居酒屋メニュー(屋台メニュー)も豊富でホントに大きな屋台風の雰囲気。いい意味で新店らしくなく、いい感じの設え。大阪で出店している「清乃」関連店は他の会社がサポートしていると聞いたがどうやらそこの会社がこちらも展開しているようだ。

 隣というか、同じ敷地内に風俗の「無料相談所」があったり、ラブホ街だったりというのはあるが、意外とニーズにはまりそうな印象。夜型の店のような気もするが22時30分で終了なのがもったいない。ちょっとこれから注目の店だ。

 ■ラーメン耳寄り情報

 博多 元祖長浜ラーメン 清乃(大阪:東梅田) 2019年11月オープン。和歌山県の人気店「清乃」と博多の老舗有名店「元祖長浜屋」がコラボして出店した長浜ラーメンの店。メニューは「長浜ラーメン」と地元にはない「博多魚介豚骨ラーメン」。大阪には豚骨ラーメンが多数あるがどう受け止められていくのか興味深い。

 ■大崎裕史(おおさき・ひろし) 自称「日本一ラーメンを食べた男」。2019年6月現在で1万2500軒、2万5500杯のラーメンを食破。株式会社ラーメンデータバンク代表取締役、日本ラーメン協会理事。Webおよび携帯の「ラーメンバンク」を運営している。

関連ニュース

アクセスランキング