zakzak

記事詳細

主役はシジミ!希代の“傑作”が1位に輝く 「19年都内新店ベスト10」発表

 今回は昨年を振り返り、どんな新店が誕生し、高く評価されたお店はどこなのか? をまとめてみた。題して「2019年都内新店ベスト10」。

 参考にしたのは日本最大級のラーメン専門サイト「ラーメンデータベース」。本来は1月1日から12月31日までにオープンした新店ランキングで行きたいところだが、2019年11月1日以降にオープンした新店はまだレビューが少なく、本来の得点に到達してないことが多いため、レコード大賞に準じてみた(前年11月1日から当年10月末までの1年間に発売された楽曲が対象)。

 100点満点で90点以上が7軒もあり、ここ数年でも豊作の年だったといえよう。ベスト10のうち5軒は既存店のネクストブランド。力のある店はどんどん『次の味』『次の店』を出している。残り5軒が独立新店(その店には★を付けた)。

 では上位から発表。『2018年11/1以降にオープンした人気の高い新店』(店名・最寄駅・12月末現在のポイント・ひと言の順に記載)

 【1位】宍道湖しじみ中華蕎麦 琥珀(京急・雑色)97.86★ しじみをフューチャーした希代の傑作。小さな駅の小さな店だが大行列を作った。

 【2位】中華そば うお青(多摩都市モノレール・万願寺)96.76★ 私もこの店で食べる際に初めて降りた駅。繊細な和風だしで人気。

 【3位】寿製麺 よしかわ 西台駅前店(都営三田線・西台)95.95 上尾が1号店で2号店の川越店から煮干しをウリにして店舗展開。

 【4位】キング製麺(王子)94.12 「らぁめん小池」(上北沢)「中華蕎麦にし乃」(本郷三丁目)に続く3ブランド目。山椒を効かせたラーメンが人気。

 【5位】迂直(荻窪)94.12★ つけ麺専門店。路地裏にあるため店前には4人しか並べず80メートルほど離れたところから行列を作ってしまった。

 【6位】松戸富田麺絆(東京駅)93.34 松戸の大人気店「とみ田」店主が初めて都内に出した店。

 【7位】中華そば 銀座 八五(東銀座)90.22 昨年のミシュランにも載り、テレビでも紹介され、先週平日に行ったら12時半に並んでいる人(45人)で昼の部終了、最後尾の人は約2時間待ちという人気。

 【8位】柴崎亭 梅ヶ丘店(小田急・梅ヶ丘)88.00 本店はつつじヶ丘にあり、その2号店。高品質な中華そばが600円で食べられる。

 【9位】初代葱寅 御茶ノ水店(御茶ノ水)88.00★ 山形県にある葱業者がラーメンで東京進出。葱のウマさにはビックリ。

 【10位】入鹿TOKYO(西武池袋線・東久留米)87.66★ 有名ラーメン店を複数経験して独立。今風なラーメンで人気に。

 以上、10軒紹介したが本当にどこもおいしいので足を運んでほしい。

 ■ラーメン耳寄り情報

 宍道湖しじみ中華蕎麦 琥珀(雑色:大田区) 令和元年初日(5月1日)にオープンした店がラーメン本で昨年の新人大賞に選ばれた。ラーメンデータベースでも1位の評価を獲得。大行列だが並んでも食べる価値あり。店名にあるようにしじみを使ったラーメン。

 ■大崎裕史(おおさき・ひろし) 自称「日本一ラーメンを食べた男」。2019年6月現在で1万2500軒、2万5500杯のラーメンを食破。株式会社ラーメンデータバンク代表取締役、日本ラーメン協会理事。Webおよび携帯の「ラーメンバンク」を運営している。

関連ニュース

アクセスランキング