zakzak

記事詳細

【モテる体をつくる】猫背解消編(2) テーブルプランクで「男の更年期」防ぐ

 今週は「猫背解消編」2種目の「テーブルプランク」を紹介します。

 トレーニングを始める前に、テストステロンやエストラジオールと呼ばれるホルモンのバランスが乱れることで引き起こされる「更年期障害」について簡単に説明します。前々回の記事でも少し触れましたが、近年は男性にも更年期障害の人が増えているといわれています。実際は増えているというより、ようやく認識されるようになったという見方が正しいと思います。事実、日本国内の医療現場では、まだ男性の更年期障害が見落とされてしまうことも少なくありません。

 今回は更年期障害のチェックリストを掲載しました。この中でイエスが3つ以上ある人は更年期に突入し、すでに更年期障害が始まっている可能性があります。

 男性における更年期は、血液中のテストステロンの量が大幅に低下する期間のことをいいます。これが女性の場合は、主にエストラジオールにあたります。

 テストステロンは男性ホルモンの代表格で、筋肉増強や力強さ、性的能力に影響を与えるほか、肌をなめらかにする、髪のボリュームを増やす、骨を強化する、記憶力を高めるなどの働きをするといわれています。髪の毛と聞くと女性ホルモンのイメージがありますよね。ですが、男女ともに40歳くらいからこれらのホルモンが減少していくことにより、ホルモンバランスが崩れてしまい、さまざまな症状を引き起こすわけです。

 運動は単に痩せるとか、かっこいい体をつくるということだけでなく、テストステロンやエストラジオール、成長ホルモンといった更年期障害を防ぐための貴重なホルモンの分泌を促してくれる効果があります。体を老化させないためにも、トレーニングを続けていきましょう。

 それでは、「テーブルプランク」を始めます。

 まずは長座で座り、肩の真下の位置に両手をつきます。この時手首を痛めないよう、横向きに手をつきます。ここからお尻を持ち上げ、骨盤が下がらないようお尻に力を入れ、体と脚が一直線になる状態で姿勢を保持します。できるだけ胸を開いて、背中の肩甲骨を寄せるように意識してください。この姿勢を15秒から30秒キープします。体の力が抜けてしまい、お尻が下がらないよう、呼吸はゆっくりと行うことがポイントです。

 今回のトレーニング動画もYouTubeに随時アップしていきます。ぜひチャンネル登録をして、記事と併せてご覧いただき、実践してください。

 次回は「猫背解消編」3つ目の「スタンディング チューブローイング」を紹介します。

 ■田島寛規(たじま・ひろのり) Green Room Products 代表取締役。1975年、東京都生まれ。97年、日本体育大学卒業後、整骨院、病院勤務を経て独立。千葉県柏市の「Green Room柏の葉整骨院」を中心に、Green Room 整骨院グループ、トレーニングジム「T-REVO」やデイサービス「せかんどはうす」、東京・渋谷にパーソナルボディサロン「Natural Bone Technique」、北区にフランチャイズの「王子整骨院」などを展開。

 ■目指せ、艶男(ツヤダン)動画をYouTubeで公開中です。当欄で紹介するトレーニング動画などを随時アップしていきます。ぜひチャンネル登録してください。

 ■更年期チェックリスト

 ・近年でお腹が出てきた

 ・性欲が衰えてきた

 ・夕食後に眠くなる

 ・特に理由もなくイライラしたり、不安感やもの悲しさを感じたりする

 ・体力が低下している。筋力が衰えてきた

 ・夜中にトイレに行く回数が増えた

 ・昼間や仕事中に疲れやすい

 ・近年、胸が大きくなった

 ・髪の毛が薄くなってきたと感じるようになった

 ・最近、顔色が悪くなってきた

 (参考文献「テストステロンの秘密」ブックマン社)

関連ニュース

アクセスランキング