zakzak

記事詳細

【モテる体をつくる】猫背解消編(4) 「バックプル」でキレイな姿勢を保つ筋肉を強化!

 今週は「猫背解消編」最後のメニューとなる「バックプル」を紹介します。このトレーニングは姿勢を安定させる背中の筋肉と、胸郭を正しいポジションに戻す動きが重要で、肩甲骨まわりの筋肉の強化に効果があります。二の腕まわりのたるみ改善にも効果があるので、女性にも最適ですよ。

 猫背の人は年齢よりも老けて見え、どことなく自信がなさそうな印象を与えます。それだけでなく、健康面から考えてもよいことはありません。背中が丸くなり、重い頭が前に突き出ると、肩こりや腰痛の原因になるほか、呼吸が浅くなることで生じる口呼吸によって疲れやすい体になってしまいます。また、お腹が圧迫され内臓の働きが悪くなるなど、さまざまな悪影響を引き起こします。

 人間の体は本来、丸くなる筋肉のチカラが強いため、気をつけないとどうしても猫背になりがちです。しかし、普段からキレイな姿勢を保つ筋肉を強化しておけば、体への負担は軽減します。今回のトレーニングは、肩甲骨を引きつける動作を常に意識して行うことで大胸筋など胸の筋肉のストレッチ効果も期待でき、かつ猫背解消につながります。

 それではバックプルを始めましょう。

 まず、チューブのハンドル部分を、手のひらを背中側へ向ける形で持ち、チューブを腰幅で踏みます。胸を張り、お腹をへこませた姿勢を保持します。これがスタートのポジションです。次に、肩甲骨を背中の真ん中に寄せるように、腕を真っ直ぐ素早く後ろへ押すイメージで引きます。引いたら、素早く元の状態に戻します。

 動作を繰り返す時に体が丸くならないように、正しい起立の姿勢をキープしながら行うことがポイントです。呼吸は引く時に吐き、戻す時に吸います。この動作を15回から20回行います。ほどよい疲労感と、背中や腕まわりに刺激が加わる程度の回数で調整しましょう。

 今回のトレーニング動画もYouTubeに随時アップしていきます。ぜひチャンネル登録をして、記事と併せてご覧いただき、実践してください。

 次回からは、男女問わず急増している「冷え性」の解消法を4週にわたり紹介します。

 ■田島寛規(たじま・ひろのり) Green Room Products 代表取締役。1975年、東京都生まれ。97年、日本体育大学卒業後、整骨院、病院勤務を経て独立。千葉県柏市の「Green Room柏の葉整骨院」を中心に、Green Room 整骨院グループ、トレーニングジム「T-REVO」やデイサービス「せかんどはうす」、東京・渋谷にパーソナルボディサロン「Natural Bone Technique」、北区にフランチャイズの「王子整骨院」などを展開。

 ■目指せ、艶男(ツヤダン)動画をYouTubeで公開中です。当欄で紹介するトレーニング動画などを随時アップしていきます。ぜひチャンネル登録してください。

関連ニュース

アクセスランキング