【ベストセラー健康法】「おからパウダー」でおいしく健康的にやせる! 近年の研究で中性脂肪と内臓脂肪を減らす作用 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

「おからパウダー」でおいしく健康的にやせる! 近年の研究で中性脂肪と内臓脂肪を減らす作用

 大豆食品が体にいいことは知られているが、日々の生活で「おから」を意識する人はあまりいない。このおからを乾燥粉砕させた「おからパウダー」が話題になっている。効果的なダイエットを指南するのが『いつもの料理にかけるだけ おからパウダーダイエット』(扶桑社刊)だ。

 著者は管理栄養士でフードプランナーの岸村康代氏。この本を読むと、おからパウダーの健康パワーに驚かされ、これまで摂取してこなかったことを悔やんで反省し、近所のスーパーに向かって駆け出すことになる。

 おさらいしておこう。おからとは、豆乳や豆腐を作る時に残る大豆の搾りかすのこと。煮たり炒めたりして食べることが多いが、食物繊維を豊富に含んでいることから、健康志向の食材として特に女性に人気の食材だ。

 そんなおからを、幅広い料理に使えるようにしたのが「おからパウダー」。スーパーに行くと色々なメーカーから商品化されていることを知ることができる。

 おからパウダーの栄養成分は豊富だ。たとえば「β-コングリシニン」。あまり聞いたことはないかもしれないが、近年の研究で中性脂肪と内臓脂肪を減らす作用を持つことが分かってきた期待の機能性素材なのだ。

 1日5グラムのβ-コングリシニン(おからパウダーで120グラム)を摂取することで脂肪減少効果が見られる、しかも脂肪が多い人ほど効果が大きい、というからありがたい。

 また、普段の料理で使っている小麦粉をおからパウダーにかえることで、糖質を大幅に減らし、逆に食物繊維を増やすことができる。糖質オフと血糖値の上昇抑制効果を実現できるのだ。

 しかも、おからパウダーは水分を含むと面白いように膨らむ特徴がある。この特性を利用して、「食べる量」を減らすことができるのだ。

 食事前にヨーグルトなどにおからパウダーをかけて食べておくと、胃の中で膨らんで、満腹感を早めてくれる。無駄な食べ過ぎを防ぐことが可能になる。

 しかもおからパウダーは食物繊維が豊富なので、腸をキレイにしてもくれる。腸の状態がよくなれば免疫力が高まり、ウイルス感染症の予防にも役立つかもしれない。

 そんな健康効果の期待できるおからパウダーを使った料理のレシピも写真入りで多数掲載。ヘルシーで低カロリーな食生活の一助となるだろう。

 「唐揚げやハンバーグ、ポテトサラダからスイーツまで、手軽におからパウダーを取り入れられる100レシピを紹介しています。2000人以上のダイエット指導を行ってきた著者のレシピなら、おいしく健康的にやせられます」と、編集を担当した扶桑社の川井明子氏。

 今年のお盆休みは、遠出を避けて料理に目覚めるのも一興。同じ作るなら健康志向でいこう。料理初心者にもやさしい一冊だ。 (竹中秀二)

 ■「おからパウダー」に期待される効果

 (1)糖質オフ

 (2)便秘改善

 (3)血圧上昇予防

 (4)ホルモンバランスの調整

 (5)生活習慣病予防

 (6)内臓脂肪の低下

 (7)満腹感アップ

 (8)中性脂肪ダウン

 (9)コレステロール低下

 (10)腸内細菌の悪玉菌減少

関連ニュース

アクセスランキング

×