銀イオンの殺菌・抗菌に注目! 手荒れの心配なく、効果長持ちで“無害無臭” 有限会社ナカソインターナショナル・中祖智代表取締役に聞く - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

銀イオンの殺菌・抗菌に注目! 手荒れの心配なく、効果長持ちで“無害無臭” 有限会社ナカソインターナショナル・中祖智代表取締役に聞く

 最近注目を集めているのが銀イオンによる殺菌・抗菌効果だ。消毒といえばアルコール消毒液や次亜塩素酸水が一般的だが、アルコールは揮発性が高く瞬時に効果が失われ、次亜塩素酸は手が荒れるなどの心配がある。それに比べ安全で効果抜群と評判なのが銀イオンなのだ。銀イオン安定化水「銀の盾」を発売する有限会社ナカソインターナショナル・中祖智代表取締役に聞いた。

 

 「弊社は化粧品メーカーで、当初は銀イオンを化粧品に使えないかと考えました。ニキビの原因のアクネ菌がこの液で消滅したというエビデンスがあったからです。ところが、アクネ菌だけではなくあらゆる菌に効果があり、生物実験で安全だと証明されたので製品化を考えました」

 一般的な消毒で使われる高濃度アルコールや次亜塩素酸水にも問題点は指摘されているからだ。

 「アルコールは揮発性が強く効果は高いが瞬間的。次亜塩素酸水も濃度によっては手が荒れてしまい、においもします。銀イオンは無害無臭で効果が大きいのです」

 銀イオンの除菌メカニズムが独特だからだ。

 高濃度で安定化に成功した銀イオンが、元の銀に戻ろうとします。そのとき菌の細胞を分解してしまうのです。そこが大きな違い。しかも元にもどった銀そのものにも抗菌効果がある。食器や、デオドラント化粧品として使われます」

 ただ、原価が一般的な消毒液より高いのが難点だという。銀を高濃度のイオンにすることが難しいためだ。

 現在はインターネット販売主体。製品の「銀の盾」にはスプレーと置き型のゲルタイプがある。子供たちに人気のご当地キャラクター“ふなっしー”とのコラボ商品では80ミリのミストを発売。普通タイプは100ミリと180ミリの2種類。

 子供にも安心で玩具がさびたりすることもなく、スプレーでマスクを除菌すると抗菌効果も持続されるという。ゲルタイプは2種類で300グラムと600グラムがある。

 ビルメンテナンス会社と提携して高齢者や障害者施設などの感染対策の施工業も始まっている。

 「ここにきてすごい勢いですが、一時的なものではなく、みなさまの日常生活が安全で安心が長く続くようにやっていきたいですね」と中祖さん。

関連ニュース

アクセスランキング

×