『出会いとチャンスがある街』ランキング、2位の「港区」を抑えて1位となった街は? - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

『出会いとチャンスがある街』ランキング、2位の「港区」を抑えて1位となった街は?

 大東建託はインターネットで居住満足度調査を実施し、「いい部屋ネット コンシャスな街ランキング2020<全国版>」を発表した。全国47都道府県居住の成人男女18万7823人が対象。 

 同社は「コンシャスな街」について、「『普通に暮らす街の住みここち』ではなく、『仕事と生活を柔軟に統合した【ワークライフインテグレーション】を志向する人々にとっての』『多様な人々がいて、刺激的な街』『出会いとチャンスがある街』」と定義している。

 具体的には、博物館や美術館などの文化施設充実度、飲食店の充実度、映画館や劇場などの娯楽施設の充実度など14問について、その街の居住者から点数で回答してもらい、その平均値を集計して作成した。

 その結果、コンシャスな街(自治体)1位には、沖縄県の「北谷町」が選ばれた。北谷町は町内に米軍施設があり、居住者の約3割が米軍基地の関係者というエリア。米軍基地跡地に開発された美浜タウンリゾート・アメリカンビレッジは、若者に人気のスポットとなっている。

 続く2位は東京都の「港区」、3位は「大阪市北区」と、東西を代表する繁華街がランクイン。以下、4位「中央区」、5位「渋谷区」が続き、トップ5のうち3自治体が東京都から選ばれる結果となった。

 コンシャスな街(駅)ランキングは?

 コンシャスな街(駅)ランキングは、上から「麻布十番G(グループ)」「表参道」「神泉」「新宿御苑前」「六本木」と、都心の人気駅がトップ5を独占。トップ10でも7駅が東京都の駅だった。

 東京都以外では、6位に「烏丸G(京都市)」、9位に「薬院大通(福岡市)」、10位に「南森町G(大阪市)」がランクインし健闘した。この結果について賃貸未来研究所の宗健所長は以下のように分析している。

 「六本木や渋谷、新宿など都心の繁華街に近い駅(麻生十番、表参道、神泉、新宿御苑前)が上位に並んでいて、上位の駅は若い起業家が住むにはお勧めの街といえると思います。繁華街にオフィスを構えていても、数万円ほかの地域より家賃を多く支払うだけで車を持たなくても徒歩で出勤することができ、仕事もしやすくなりますね。また、人脈というのは食事を共にした回数次第のようなところがあるので、こうした駅に住むことで人脈も自然と広がっていき、経営や採用にも良い影響があると思われます」

 なお、2020年度調査は、緊急事態宣言が発出する直前の3月中旬から4月上旬にかけて実施されている。新型コロナウイルスによって在宅勤務やテレワークが浸透したことで、「コンシャスな街」ランキングに変動はあるのか、来年の調査結果にも注目が集まる。

ITmedia ビジネスオンライン

関連ニュース

アクセスランキング

×