【麺喰いにつき】あっさり鶏ガラ醤油「本場の味」 尾道にある尾道ラーメン東京初出店 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

あっさり鶏ガラ醤油「本場の味」 尾道にある尾道ラーメン東京初出店

 新横浜ラーメン博物館のWebサイトでご当地ラーメンが19軒紹介されている。その中の1つに「尾道ラーメン」がある。ここ1、2年で「尾道ラーメン」ネタがにぎやかだ。まず、尾道ラーメンの源流といわれている人気行列店「朱華園」が2019年9月に閉店。1947年に先代が屋台で創業。70年を超える歴史に幕を降ろしたわけだ。閉店時には数日前から惜しまれるファンで大行列ができた。中には東京から食べに行った人も何人もいた。それくらいの歴史的なお店である。

 ところが明けて20年11月、創業者の親族によって味を受け継ぎ「朱」をオープン。コロナ問題がなければすぐにでも食べに行きたい情報だった。ところで「朱華園」および「朱」だが「尾道のラーメンだが尾道ラーメンではない」。「朱華園」は「尾道ラーメン」という言葉ができあがるより、はるか昔に創業している。「尾道ラーメン」という言葉は地元の業者を中心に「瀬戸内の小魚」が入ったラーメン、として打ち出した。平打ちの細麺や背脂ミンチは「朱華園」を参考にしている。その“観光戦略”が功を奏して「尾道ラーメン」は知名度を増し、全国的な人気になっていった。

 一方、都内に目をやると何軒かの「尾道ラーメン」が存在していたがその中でも知名度があった「尾道ラーメン麺一筋」(水道橋)が創業から21年で昨年閉店。コロナの影響のようだ。そしてくしくも同じ年に尾道にある人気店「尾道ラーメン壱番館」が昨年12月21日に東京進出。前出の「麺一筋」を始め、都内に何軒かあった尾道ラーメンはいわゆるインスパイアである。尾道ラーメンが好きで始めたお店や尾道出身の人が独自に始めた店とか。

 しかし、今回は尾道にある人気店。なので「尾道にある尾道ラーメン」が東京に出店するのは初めて、ということになる。

 今回の「壱番館」は日本最大級のラーメンサイト「ラーメンデータベース」で尾道市1位の人気店。味としても尾道ラーメンの一般的な特徴(平打ち細麺、背脂ミンチ、あっさり鶏ガラ醤油に小魚)をすべて兼ね備えたタイプと言ってよい。実際食べてみたがラーメン好きがイメージする「尾道ラーメン」の基本形を踏襲していて、まさに本場の味。チャーシューが柔らかくて、大変おいしいので次回はチャーシュー麺にしたいと思った。

 ただ、駅から少し遠いのと首都圏には「一番館」というチェーン店があり、ちょっと紛らわしいのが惜しい。貴重なご当地ラーメンなので頑張ってほしい。

 ■ラーメン耳寄り情報

 尾道ラーメン壱番館(新宿御苑前) 昨年12月21日オープン。地元・尾道の人気店が本場の味を引っさげて東京進出。尾道にある店が東京に出店するのは今回が初めて。あっさり鶏ガラに小魚を加えた醤油味、麺は細めの平打ち、背脂入り。

 ■大崎裕史(おおさき・ひろし) 自称「日本一ラーメンを食べた男」。2019年6月現在で1万2500軒、2万5500杯のラーメンを食破。株式会社ラーメンデータバンク代表取締役、日本ラーメン協会理事。Webおよび携帯の「ラーメンバンク」を運営している。

関連ニュース

アクセスランキング

×