【人生100年時代 これから、どうする】温暖化問題「灼熱の地球」にしないために 環境やフードロスなどで個人でもできる努力を - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

【人生100年時代 これから、どうする】温暖化問題「灼熱の地球」にしないために 環境やフードロスなどで個人でもできる努力を

 「人生100年これからどうする?」と、お金のこと、健康のこと、住まいのことなど、まず目の前の自分とその家族のことを書いてきたが、たまたま先日にNHKを見ていて「それどころじゃないのではないか?」とあらためて思った次第である。

 なんと、このまま何の対策も打たなければ、地球温暖化で2030年には地球の平均気温が産業革命前から比してプラス1.5℃になり、その臨界点を超えると温暖化を加速させる現象が続々と起こり、灼熱(しゃくねつ)の地球へと暴走を始めるというのだ。

 既に日本でも、台風の大型化、洪水など、これまでなかったような現象が続々と起こっているが、これも地球温暖化が大きく影響している可能性がある。

 まさに、このまま手をこまねいていたら、地球に住めなくなるときが刻々と迫っているといっても過言ではないだろうが、その灼熱の地球にしないためには、これから10年間が大きなターニングポイントになるという。

 2030年といえば、今50歳の読者にとっては60歳、60歳の読者にとっては70歳なっているわけだから、人生100年時代として、その時点でも、残す人生は30~40年である。その時、地球が灼熱の世界になっていると想像するだけで、空恐ろしい気持ちにならざるを得ない。

 個人的な印象だが、このターニングポイントとなる昨年にコロナウイルスが発生したことが果たして偶然の産物だったのかという疑問がある。

 例えば、昨年の上半期における世界の二酸化炭素の排出量がコロナの蔓延(まんえん)による影響もあったのか、前年同期比で8.8%(15億5100万トン)減少したとの研究成果が学術誌ネーチャー・コミュニケーションズに掲載されたのだ。

 暴走を食い止めるためには、なんらかの抑止力も必要であり、皮肉にもコロナでCO2の排出量が抑制されている…。

 いずれにしても、人生100年を健全に過ごすためには、自分のことだけでなく、環境のこと、フードロスのこと、格差解消のことなど、さまざまな社会課題に対して、一人一人がその解決方法を考え、個人でもできる努力をしていくことが求められているのではないだろうか。

 ■オヤノコト相談員がアドバイス

 筆者の大澤尚宏が代表を務めている「オヤノコト」では、老後のお金や老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅などの選び方、相続などについて、読者からの相談を個別に受け付けます。オヤノコト相談員がアドバイスします。

 相談料は5000円。ご希望の日時に都内会議室で相談員との面談を設定します。相談したい方は、夕刊フジ編集局「オヤノコト」相談係(ファクス03・3231・2670またはメールoyanokoto@fujinews.com)までご連絡ください。

 ■大澤尚宏(おおさわ・たかひろ) オヤノコトネット(www.oyanokoto.net)代表取締役。1995年に日本初の本格的バリアフリー生活情報誌を創刊。2008年、「そろそろ親のこと」をキーワードにオヤノコトネットを創業し、「高齢期の親と家族」に関わるセミナー講師や企業のマーケティングアドバイザーとして活躍している。近著は『そろそろはじめる親のこと』(自由国民社)。

関連ニュース

アクセスランキング

×