【ブラックジャックを探せ】最新療法で人工肛門を回避! 香川大学医学部附属病院・腫瘍内科教授、辻晃仁さん - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

最新療法で人工肛門を回避! 香川大学医学部附属病院・腫瘍内科教授、辻晃仁さん

 大腸がん治療の領域で、世界的な活躍を続ける腫瘍内科医が、瀬戸内にいる。香川大学医学部附属病院腫瘍内科教授の辻晃仁医師だ。

 「いまから30年前、大腸がん治療での腫瘍内科の役割は“敗戦処理”でしたが、今では“先発”を任されることが多い。そのまま根治に持ち込む“先発完投”も珍しくない時代です」

 抗がん薬や支持療法薬の開発によって、治療効果が飛躍的に向上した。従来では手術ができなかったものも、薬物療法で縮小させて手術に持ち込むことも可能になった。

 「従来なら人工肛門になっていた症例も、最新の手術に加え、周術期に上手に薬物療法や放射線療法を組み合わせることで、回避できることが増えてきた。最新の多剤併用療法、分子標的薬、免疫療法の進歩は、将来的にがんの消失や人工肛門回避の可能性を高めています」

 一方でゲノム医療に基づくプレシジョンメディシン(個別化医療)も進化している。辻医師が取り組んでいるのは、がんの再発転移とctDNAというがん由来の遺伝子の研究だ。

 「ctDNAとは血中に含まれる“がんの遺伝子のかけら”で、従来の腫瘍マーカーと比べて桁違いの精度がある。ctDNAが陽性の時は再発の可能性が高いので効率的な薬物療法を行う。逆に陰性なら薬物療法は必要ない-という考え方もできるのです」

 辻医師は今年、大腸がんにおいて世界中で最も結果が期待されている抗がん薬の臨床試験を責任者として報告する予定だ。国際共同治験もトップクラスの症例数を誇る辻医師らの研究に、世界が注目している。

 「KAGAWA」という地名が世界のがん研究者に知れ渡るのに、そう多くの時間は要さないだろう。(長田昭二)

 ■辻 晃仁(つじ・あきひと) 香川大学医学部医学系研究科臨床腫瘍学教授。同大医学部附属病院腫瘍内科教授。高知市生まれ。1990年、岡山大学医学部卒業。94年、同大学院修了。高知医療センター腫瘍内科科長、神戸市立医療センター中央市民病院腫瘍内科部長を経て、2015年から現職。現在香川大学医学部附属病院腫瘍センター長、緩和ケアセンター長、がんセンター長、がんゲノムセンター長を兼務。医学博士。趣味はドライブとゴルフ。

関連ニュース

アクセスランキング

×