【ブラックジャックを探せ】選手の安全を守る世界最先端“匠の技” スポーツ歯科の第一人者、武田友孝さん - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

選手の安全を守る世界最先端“匠の技” スポーツ歯科の第一人者、武田友孝さん

 困難の克服に向けて必死に努力することを「歯を食いしばる」と表現するが、人は意外に日常の活動中でも、無意識のうちに歯を食いしばっている。

 東京歯科大学の武田友孝教授は、そんな「食いしばり」と「スポーツ」の関係性を検証し、その対策を講じる「スポーツ歯科」の第一人者。

 「歯を食いしばる瞬間は競技ごとに違う。そこに発生する負荷を未然に防ぐための対策を検証するのが私の研究領域の一つです」と武田教授。

 1990年代から本格的に動き始めた日本のスポーツ歯科。武田教授はその黎明期から関わってきた。

 「アスリートが安全に競技に集中できるため、歯科領域からのサポートを充実させたい、という思いは、私自身が大学でラグビーをやっていたことも関係していなくはないですね」

 選手の口の状態と、その競技の特性に合ったマウスガードを作ることで安全性は高まる。その繊細な作業は“匠の技”だ。

 「自身の歯や顎を守るだけでなく、コンタクトスポーツでは対戦相手の保護にもつながる。海外のスポーツ歯科が“パフォーマンスアップ”を主題としてきたのに対して、私たちは“安全性の向上”に重きを置いている。その点で日本は世界の先頭を走っているという自負はあります」

 研究の一方、大学病院では本来の専門である補綴(入れ歯)や咬合(こうごう=噛み合わせ)不全の治療にも取り組む。

 「補綴の知識がスポーツ歯科で生かされることは少なくない。アスリートも一般の患者さんも、口の中の構造は同じですから」

 話を聞けば聞くほど興味深い「咬合とスポーツ」の関係。そのアカデミックな解明に向けて、武田教授の忙しい日々は続く。(長田昭二)

 ■武田友孝(たけだ・ともたか) 東京歯科大学口腔健康科学歯科学講座スポーツ歯学研究室教授。1958年、埼玉県生まれ。日本大学歯学部卒業。同大学院修了。同大歯学部助手、講師を経て99年、東京歯科大学スポーツ歯学研究室講師。同准教授を経て2018年から教授。日本スポーツ歯科医学会理事・認定医。日本スポーツ協会公認スポーツデンティスト。日本障がい者スポーツ協会公認障がい者スポーツ医。日本オリンピック委員会強化スタッフ他。歯学博士。趣味は読書。

関連ニュース

アクセスランキング

×