【グルメ東西自慢】550円~こだわりのうな丼 東京・新宿「名代宇奈とと 新宿センタービル店」 薄皮からあふれ出る衝撃 大阪・難波「餃子歩兵 道頓堀店」 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

【グルメ東西自慢】550円~こだわりのうな丼 東京・新宿「名代宇奈とと 新宿センタービル店」 薄皮からあふれ出る衝撃 大阪・難波「餃子歩兵 道頓堀店」

 JRほか新宿駅から徒歩5分にある、国内唯一のウナギ専門ファストフード店。ウナギは高いというイメージがあるが、こだわりの“うな丼”が1杯550円~食べられると、幅広い世代から好評だ。

 使用するウナギは、おもに“アンギラロストラータ種”で、一部に高級ウナギとされる“アンギラジャポニカ種(ニホンウナギ)”を使っている。野趣あふれた独特な味わいのジャポニカ種に対して、もう一方は、味にクセが少なく食べやすいのが特徴。

 ウナギを蒸してから備長炭で焼き上げることで、外はカリッと中はふっくらとなるように、香り豊かに仕上げている。また、特製のタレには、ウナギに合うよう厳選した本醸造しょう油を使用し、味に深みを持たせながら、砂糖などをバランスよく配合し、米酢を加えることで全体的に味をしめ、ウナギにしっかりとした味を染み込ませている。うな丼に合う国産米との相性もよく、猛暑でも食が進む逸品に。

 写真は不動の一番人気メニュー「うな丼ダブル」(1000円=税込、以下同)。ウナギの肝を入れた宇奈とと特製のだしで作る「肝吸い」(160円)、ウナギを特製だし入りの卵で巻いた「うまき」(580円)。ほかにも「ひつまぶし」(並880円~)や「肝串」(270円)、「鰻天ぷら」(450円)なども取りそろえている。

 ■東京都新宿区西新宿1の25の1 新宿センタービルB1。03・5381・6969。営業(自粛期間)11~20、弁当の受け取りや宅配は~22。※営業時間は要確認。日祝休。

 最寄り駅は大阪メトロ各線なんば駅。ミシュランガイドのビブグルマンに3年連続で選出された、京都・祇園発祥の人気餃子専門店「ぎょうざ歩兵」の姉妹店が、道頓堀川沿いにオープンした。

 味わえるのは極薄の皮を使ってパリパリに焼き上げた、一口サイズの餃子。皮が薄く、具材の味をダイレクトに感じられ、食べやすい大きさなのでついつい何人前も食べてしまう。

 「ぎょうざ」(写真手前の奥側、1人前8個500円=税込、以下同)は、ニンニクとニラをたっぷり使用したパンチのある味わい。「生姜ぎょうざ」(同手前の前側、1人前8個500円)は、ニンニクやニラの代わりにショウガがたっぷり。特製のみそダレを付けて味わうのがおすすめだ。こちらのタレもショウガが効いていて、ニンニクとニラ不使用ながらも、インパクトのある味を楽しめる。餃子が焼きあがるまではサイドメニューを楽しみたい。人気は「壷きゅうり」(同右、380円)。キュウリをしょう油、ごま油、七味であえてピリ辛に仕上げ、アテに最適。そのほか濃厚なしじみエキスを使ったスープ「鬼しじみのエスプレッソ」(380円)などが楽しめる。

 餃子はテークアウト(2人前1050円~)もあり、仕事帰りから自宅での夕食まで、あらゆるシーンで訪れたくなるだろう。

 ■大阪市中央区宗右衛門町7の6 菱富ビル1F。06・4708・8096。17~翌3(LO翌2・30)、無休。

関連ニュース

アクセスランキング

×