【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】手術で治る認知症「突発性正常圧水頭症」に注意 新薬「アデュカヌマブ」承認 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

【脳神経外科が明かす「脳の病気とケガ」最新事情】手術で治る認知症「突発性正常圧水頭症」に注意 新薬「アデュカヌマブ」承認

 心臓や肺と並ぶ最重要臓器「脳」。ここに起きる病気や外傷は命に直結するだけでなく、日常生活の質を大きく左右する。そこで今週は国際医療福祉大学成田病院に在籍する5人の脳神経外科医に、「脳の病気とケガ」について日替わりで解説してもらう。

 第1回に登場するのは、同大脳神経外科統括主任教授の松野彰医師で、テーマは「治る認知症、予防できる認知症」。

 長寿国家とともに超高齢社会に突入した日本では、「介護」が誰にとっても身近な問題になっています。

 介護が必要となる理由を見ると、「脳血管疾患」(脳卒中など)の25・7%を筆頭に、「高齢による衰弱」の16・3%、「骨折・転倒」の10・8%に次いで、「認知症」が10・7%と僅差で続きます。

 脳の中の「海馬(かいば)」という器官が萎縮していくことで起きる認知症は、いくつかの種類に分類できます。

 アミロイドβやタウという異常なタンパクが脳に溜まることで引き起こされるアルツハイマー型認知症、脳出血や脳梗塞などによって脳の血液循環が悪化して脳の一部が壊死して起きる血管性認知症、脳の神経細胞に特殊なタンパクが蓄積してできる「レビー小体」という物質によって神経細胞を衰えさせていくレビー小体型認知症などが知られています。

 これらの認知症の治療は服薬が中心で、これまでは「進行の抑制」が治療の目的でした。しかし、今年新たに承認された「アデュカヌマブ」という新薬は、アルツハイマー型認知症の初期なら「症状改善」も見込めるようになったのです。

 アルツハイマー型認知症は、運動やバランスのいい食生活などが予防効果を持つことも分かっています。必要以上に怖がるのではなく、日々の予防対策には、ぜひ取り組んでください。

 一方、認知症の中には手術によって改善する病気もあります。脳腫瘍、慢性硬膜下血腫、そして特発性正常圧水頭症です。

 脳腫瘍はその名の通り、脳にできた腫瘍によって脳組織がダメージを受ける病気。これによって起きる認知症は、腫瘍を切除する手術で改善します。

 慢性硬膜下血腫は、外傷などをきっかけに時間をかけて脳内に血液が溜まる病気。血種が脳を圧迫することで認知症の症状が起きますが、脳にチューブを挿入して血種を抜き取ると、認知症の症状も改善します。

 最後の特発性正常圧水頭症は、脳と脊髄を循環する「髄液」という液体の流れが滞り、脳室に溜まっていく病気です。脳室が大きくなり脳を圧迫することで認知症の症状が出てきます。

 この病気には、脳室や脊椎から腹腔に髄液を流す「シャント」という短絡路を設ける手術を行うことで脳の圧迫が解消し、この病気に特有の歩行障害、認知症、尿失禁などの症状が大きく改善することがあるのです。

 お伝えしてきたように、一般的に「認知症」と呼ばれる病気にはいくつもの種類があり、その中には予防が可能な病気があります。

 また、的確な治療を行うことで大きな症状改善が見込めることがある点は、ぜひ知っておいてほしいところです。

 ただ、最大の治療効果を得るには、少しでも早期に発見し、治療を開始することが不可欠です。

 「もしかして…」と思ったら怖がらずに、認知症の専門医や、私たちのような脳神経外科医を受診してください。認知症には治るものもある、ということを、ぜひ知っていただきたいと思います。 (構成・長田昭二)

 ■松野彰(まつの・あきら) 国際医療福祉大学成田病院で脳神経外科を率いる同大脳神経外科統括主任教授。東京大学医学部卒業。前帝京大学医学部脳神経外科主任教授。医学博士。

関連ニュース

アクセスランキング

×