zakzak

記事詳細

北朝鮮、短距離ミサイル発射したばかりなのに… 固体燃料使った新系列のミサイル開発も

 北朝鮮が前回の飛翔体発射からわずか3日後の29日早朝、日本上空を通過する弾道ミサイルを発射した。

 北朝鮮は、日本のほぼ全域に届く中距離弾道ミサイル「ノドン」(射程1300キロ)や西日本を射程に収める中距離「スカッドER」(同1000キロ)、米領グアムを狙う中距離「ムスダン」(同2500~4000キロ)などを保有。潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「KN11」(北朝鮮名「北極星1」)や、これを陸上配備型に改良した「KN15」(同「北極星2」)など固体燃料を使った新たな系列のミサイル開発、発射実験も行っている。

 6月8日には地対艦巡航ミサイルを発射。7月4日と28日には大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」を試射し、成功したと表明した。今月26日にも短距離ミサイルを発射したばかりだった。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング