zakzak

記事詳細

「ろくでなし」正恩氏、北より先に訪韓した習氏中傷していた 亡命幹部、制裁での影響語る

 北朝鮮で外貨稼ぎを統括する朝鮮労働党39号室の元幹部、李正浩氏(米在住)は16日、米国や国連安全保障理事会の新たな対北朝鮮制裁を受け「北朝鮮が1年間乗り切れるか分からない。多くの人が死ぬだろう」と述べ、北朝鮮国民にも多大な影響が及ぶとの考えを示した。

 米ニューヨークの教育・広報機関アジア・ソサエティーで講演した。李氏は2014年10月に韓国に亡命するまで、39号室で次官級ポストを歴任。石炭や海産物輸出を手掛け、北朝鮮経済の仕組みに精通している。

 安保理が9月に採択した石油精製品の供給や原油輸出に上限を設ける制裁決議について、李氏は「(これまでの制裁決議とは)全く別のレベル。北朝鮮に対する影響は重大なため(対抗しようと)北朝鮮は弾道ミサイルを展開した」との見方を示した。

 李氏によると、中国の習近平国家主席が14年7月に中国の最高指導者として初めて北朝鮮より先に訪韓したことについて、現在の金正恩朝鮮労働党委員長が激怒し、同月末に開催した政府内会議で習氏を「ろくでなし」と中傷。中国との関係を見直し、ロシアや東南アジア諸国との貿易を増やす考えを表明した。(共同)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング