zakzak

記事詳細

文政権を意のままに…中国、THAAD歩み寄りの理由 最近まで流れていた「韓中10月危機説」 (1/2ページ)

 【ソウル=名村隆寛】中韓両政府は31日、米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備により悪化した中韓関係を改善させることで合意したと発表。韓国政府は、11月にベトナム・ダナンで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の場を利用し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領と中国の習近平国家主席が首脳会談を行うことも公表した。

 発表によると、韓国は、THAAD配備に対する中国の「憂慮」を認識。その上で、中国など第三国を標的とせず、北朝鮮の弾道ミサイルに対処する本来の目的に沿って運用され、「中国の戦略的な安保利益を損なわない」と表明した。中国は、THAAD配備反対の姿勢をあらためて確認した。その一方で、韓国の立場に留意しつつ、問題の適切な処理を促した。

 また、双方は軍当局間のルートを通し、THAADに関連する問題について意思疎通を図るとし、「全ての分野の交流協力を正常な発展軌道に早期に戻していく」ことで合意した。

 THAAD配備に中国は昨年の計画段階から猛反発し、韓国製品の不買や韓国企業への圧迫が続き、企業の中国撤退の動きまで起きた。また、韓国を訪問する中国人観光客は激減。韓国経済への影響も出ており、韓国では最近まで「韓中10月危機説」さえ流れた。

 北朝鮮の核・ミサイル問題や日本との関係悪化に加え、中国の露骨な嫌がらせに頭を痛めていた韓国。関係改善で中国と合意したことにより、政府はもちろん財界や民間レベルでも安堵(あんど)している様子だ。

 また、韓国政府は北朝鮮の核問題解決に向け、中国の役割に期待している。北朝鮮問題に加え、最悪の対中関係を抱えて5月に政権を発足させた文在寅政権としては、最大の外交成果を得たかたちだ。難関続きの外交に中国から光明が差したことで、喜ぶ韓国ではあるが、THAAD配備への中国からの理不尽な報復から解放されるメドが立った段階だ。本来の正常な対中関係が回復するというだけで、この間、韓国を悩まし続けてきた中国の真意まで読めているかは分からない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング