zakzak

記事詳細

《zak女の雄叫び お題は「味」》積弊清算している時間があったら…韓国政治は「途上国」並みと自省コラム (1/2ページ)

 《zak女の雄叫び お題は「味」》米国では国民に連帯を呼びかけるとき、大統領経験者が一堂に会すことがあります。共和党、民主党の枠を超え、米国はひとつなのだということを訴えるためです。現職中、どれほど批判や好悪の波にもまれようが、米国民にとって大統領とは「究極のアイドル」のような存在だからです。

 10月21日、ハリケーン直撃で大きな被害を受けた米南部などの被災者を支援するためのチャリティーコンサートがテキサス州でありました。同州出身のブッシュ父子をはじめ、カーター、クリントン、オバマ各氏の歴代大統領5人が参加し募金活動などを行ったのです。ちなみにトランプ大統領はビデオメッセージで参加していました。そもそもこのイベントに正式招待されていたのかどうかは不明ですが…。

 さて、5人の歴代大統領が勢ぞろいした場面を見て特別な感慨に打たれた国があったようです。政権が代わるたびに大統領が過去の栄光をはぎとられ、苦渋を味わわされる韓国です。

 韓国紙朝鮮日報は10月23日の紙面で歴代米大統領5人の写真を載せ、「積弊清算という名目で前大統領のみならず前々大統領を捜査し、これに対抗して前前々大統領の不正をほじくりだす韓国政治とは正反対の姿だ」と記しました。

 韓国の国難突破のため、李明博(イ・ミョンバク)元大統領、朴槿恵(パク・クネ)前大統領が果たして文在寅(ムン・ジェイン)大統領とともにチャリティーイベントに顔をそろえることがあるでしょうか?

 韓国の保守系と革新・進歩系の対立の根深さは同じ民族とは思えないほどなのです。

 朝鮮日報(日本語電子版)は10月29日、「韓国の『積弊清算』政治、世界基準ではどう見えるのか」と題したコラムで米国についてこう記しています。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング