zakzak

記事詳細

韓国、「ぼったくり大国」払拭に躍起 平昌五輪で宿泊料金10倍超、識者「『被害に遭う』覚悟必要」 (1/2ページ)

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開幕を来年2月に控え、韓国で「ぼったくり問題」が取り沙汰されている。地元当局が、特需に便乗した宿泊料金の高騰防止に乗り出したが、それ以外にも、高い料金を請求されるケースが懸念されている。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は大会を通じた平和実現を掲げるが、「ぼったくり大国」の異名を払拭できるのか。

 「不当なぼったくり論争があった宿泊料金が下がっている。心配せず五輪を見に来てください」

 韓国紙、中央日報(1日、日本語版)によると、平昌がある江原(カンウォン)道の崔文洵(チェ・ムンスン)知事は11月末、ソウルでの記者懇談会でこう語った。

 崔氏は「最高1泊50万ウォン(約5万1800円)まで上がった宿泊料金が最近28万ウォン(約2万9000円)まで落ちた」といい、高速鉄道の開通に伴い「江原道の主な地域宿泊の料金は10万ウォン(約1万円)まで落ちるだろう」と説明した。

 知事が対策に乗り出すほど、五輪特需を当て込んだ宿泊施設の便乗値上げはひどかったようだ。1泊数千円のゲストハウスのドミトリールーム(相部屋)が1泊2万円以上だったり、1泊1万円程度のビジネスホテルの料金が10万円超に上がった例も伝えられた。

 まさに「ぼったくり大国」というしかない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

アクセスランキング