zakzak

記事詳細

《zak女の雄叫び お題は「白」》ヘンリー王子と婚約のメーガン・マークルさん、カナダブランドがバカ売れ (1/2ページ)

 英王室のヘンリー王子(33)と米女優のメーガン・マークルさん(36)の婚約のニュースに沸いているのは、出身国の米国だけでない。マークルさんのゆかりのあるカナダでも、国境を越えた王室のロマンスに祝福ムード一色だ。

 2011年に米USAネットワークで始まった法廷ドラマ「スーツ」でブレークしたマークルさん。ドラマの撮影がカナダのトロントで行われていたため、ヘンリー王子との婚約が決まるまで、トロントを拠点として暮らしてきたのだ。

 このほど、マークルさんが数年間住んでいたというトロントの一軒家が約139万5000ドルで売りに出されたこともニュースになっていたが、英国や米国ほどパパラッチがいないカナダだからこそ、2人は自然体でデートを楽しむことができ、関係性が深まったともいわれている。

 ホクホクなのは、カナダのファッションブランドだ。マークルさんは婚約を発表して以降、公の場に登場するときにカナダブランドを好んで着用している。

 11月27日に、英国のケンジントン宮殿にヘンリー王子と2ショットで現れた際には、カナダブランド「ライン」の白いコートで登場。ネットでは「バスローブみたいだ」という辛口批評も寄せられたが、799カナダドル(約7万円)というシンデレラコートは、瞬く間に売り切れとなった。ブランド側は、コートの名前を「メーガン」と名付けると発表。マークルさんの影響か、今冬は、白いコートを着るセレブが増えているともいわれる。

 また、12月1日の初めての公務でも、カナダブランドの「マッケージ」の紺色のロングコートを着用していた。こちらは750ドル(約8万4000円)。ネットでは予約待ちの状態となっている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング