zakzak

記事詳細

「米国は中国の属国」 トランプ氏側近のバノン氏が放言、NHKを「フェイクニュース」

 ドナルド・トランプ米大統領の有力側近とされるスティーブン・バノン前首席戦略官兼上級顧問が、日本で強烈な放言や直言をした。17日に都内で行った講演や記者会見で、中国への強い警戒感を示すとともに、NHKを「フェイク(偽の)ニュース」の報道機関だと痛烈に批判したのだ。

 バノン氏は講演で、歴代米政権が中国の経済拡張を許してきたとして、「米国は属国」のようになったと主張した。

 中国の現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」について「成功すると、絶対的な支配権力を握る」と懸念を示したうえで、中国に対し、「われわれを経済的に侵略している」「米国の知的財産権をこれ以上、明け渡せない」などと警戒心をあらわにした。

 一方、バノン氏は一部メディアについて、「ひどい。トランプ氏の習慣や、ちょっとした言動を批判し、嘲(あざけ)り、ちゃかしている」などと非難した。

 講演に先立つ会見では、米ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポスト、CNNなどの米メディアとともに、日本のNHKを挙げ、「(昨年の大統領選報道などを)調べてみれば、すべてが間違っていた」とこき下ろした。具体的な記事には触れなかった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

アクセスランキング