zakzak

記事詳細

豊洲を新たな中核市場に 産地や消費者など様々なニーズに対応できる機能を (1/2ページ)

 築地市場(中央区)から豊洲市場(江東区)への移転は20日、来年10月11日に決定した。これまで東京都と幾度となく調整を続け、開場日決定へ結びつけていただいた市場業界団体をはじめとする関係者の方々に改めて感謝を申し上げたい。

 昨年夏の都知事選で、私は「市場移転はいったん立ち止まる」と訴えて戦った。就任後、同年11月に予定されていた豊洲移転の延期を表明した。安心・安全のために設けられていた地下水モニタリング調査が完了していない段階で、舛添要一都政時代にオープン日が決まっていたが、世界中の人々が日本を代表する「新たな台所」を歓迎するには、さらなる確認・検証が必要と判断したためだ。

 その結果、さまざまな問題が発覚した。盛り土と示された場所に「地下空間」があり、都庁の縦割り行政によって情報が共有化されなかった背景が明らかになった。地下水モニタリング調査では、それまで出ることのなかった環境基準の79倍のベンゼンなどの有害物質が検出された。新市場の使い勝手など設計上の問題も指摘された。

 もともと東京ガスの工場跡地で土壌汚染の懸念があった場所だ。もし、見切り発車で予定通り移転していたらどうだったか。開業後にさまざまな問題が発覚し、営業途中で何らかの追加対策を講じなければならなかったとすれば、それこそ大きな不安や混乱を生んでいたのではないか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング