zakzak

記事詳細

韓国通信大手お粗末、キム・ヨナさん出演の平昌五輪応援CMが規定違反 「こんなことでどうする」批判も (1/2ページ)

 韓国で絶大な人気を誇る元フィギュアスケートの金メダリスト、キム・ヨナさん(27)が、広報大使を務める平昌五輪をめぐって騒動に巻き込まれた。韓国通信大手・SKテレコムの平昌五輪応援広告CMにキム・ヨナさんが出演したが、これがアンブッシュマーケティングに該当するとして大会組織委員会の逆鱗に触れ、制作放映したテレビ局に対し放映中止と再発防止の公文書が突きつけられる事態となった。

 大辞林によると、アンブッシュマーケティングとは、五輪やワールドカップ(W杯)などのイベントで、公式スポンサー契約を結んでいないにも関わらず、無断でロゴなどを使用したり、会場内や周辺で便乗して宣伝活動を行ったりすることだという。通信分野の公式スポンサーは韓国最大手の通信事業会社、KTだ。2002年日韓W杯の公式スポンサーも務めた。五輪ではスポンサーを1業種1社に限定しており、公式スポンサーでないSKテレコムが五輪などで便乗した宣伝活動を行えば、アンブッシュマーケティングと指摘される公算は大きい。

 ちなみに、アンブッシュマーケティングは国際オリンピック委員会(IOC)が1984年のロサンゼルス五輪でオフィシャルスポンサー制度を導入したことによって始まったという。

 中央日報などによると、今回、キム・ヨナさんが巻き込まれた件は、五輪種目のバイアスロンとスノーボードを自ら楽しむ内容のものだが、そこに登場する(絵文字などの)ピクトグラムが平昌五輪で使用されるものと酷似。さらに映像の最後に映し出される英語の「平昌で会いましょう」のメッセージとともにSKテレコムの商号と商品キャンペーンのキャッチコピーが登場することが問題視されたという。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング