zakzak

記事詳細

「ほどほどになさい…」金正恩氏をいさめる「若き女性幹部」の正体 (1/2ページ)

 ■「パーティー狂い」の噂

 北朝鮮の首都・平壌で21日、朝鮮労働党の末端組織の幹部を集めた「第5回党細胞委員長大会」が開催された。同党機関紙の労働新聞と国営メディアの朝鮮中央通信は翌日、金正恩党委員長も参加した大会のもようを複数の写真とともに伝えたが、そのうちの何枚かに、ちょっとした「異変」が見て取れる。

 正恩氏の実妹である金与正(キム・ヨジョン)氏が、最高幹部らと並び壇上の最前列に席を占めているのだ。

 過去のこうした催しでは、与正氏が裏方として動いたり、客席に座ったりしている姿は見られたが、壇上に座っているのが確認されたのは今回が初めてである。

 (参考記事:【写真】金与正氏の存在感が増している

 与正氏は、2016年5月の党中央委員会第7期第1回総会(全体会議)で党中央委員となり、今年10月の同第2回総会では政治局委員候補に選任された。金与正氏の正確な年齢は不明だが、まだ20代後半から30代初めと見られる。さすがにロイヤルファミリーの一員でもあり、かなりのスピード出世だ。

 ちなみに、与正氏は金正恩氏の左5人目の席に座っているが、2人の間にいるのは崔龍海(チェ・リョンヘ)、金平海(キム・ピョンヘ)、呉秀容(オ・スヨン)、朴泰成(パク・テソン)の各党副委員長である。まさに北朝鮮の最高幹部たちであり、正恩氏の妹に対する期待の大きさを物語っている。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

アクセスランキング