zakzak

記事詳細

月でしか起きない不思議な地震「ムーンクエイク」、震源のほとんどが地球側のワケ (1/2ページ)

 さる1月31日は「ブルームーンの皆既月食」だった。しかも今回の満月は、年間を通して2番目に大きい満月だったために、ふだんよりも大きな満月の皆既月食を楽しめたはずだ。

 ブルームーンとは1カ月の間に2回満月が起こるとき、その2回目の月を呼ぶ言葉で、学術用語ではなくて俗称だ。実際に月が青く見えるわけではない。

 前回、皆既月食が見られたのは約3年前の2015年4月だった。前回のときは皆既月食の継続時間は12分間という短いものだったが、今回の皆既月食は晴れた地域では部分食が始まってから皆既食、そしてまた部分食の終わりまでのすべてを見ることができた。継続時間は3時間以上あり、皆既月食だけでも1時間半弱もあった。

 じつは今年の7月にも皆既月食があるが、東北地方より西でしか見えず、そのうえ皆既食のまま月が沈んでしまうから、見える条件はずっと悪い。今回以降で、今回のようないい条件で見られるのは22年11月。4年先になる。

 一方、今回の月食はブルームーンだった。ブルームーンの皆既月食は1982年以来で35年ぶり、次にブルームーンの皆既月食が見られるのは2028~29年の年をまたいで起きる皆既月食になる。11年先になる。

 月食は太陽と地球と月がこの順に一直線に並ぶときに起きる。天体の中を太陽が通っていく道を「黄道(こうどう)」というが、これが月の通り道「白道」と一致したところを太陽と月が通るときに月食や日食が起きる。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング