zakzak

記事詳細

後継者不在のアベノミクス 憲法以外の対案乏しい石破氏、財務官僚に囲まれた岸田氏 (1/2ページ)

 以前の本コラムで、「ポスト安倍は財政再建論者ばかりだ」と書いた。アベノミクスの基本路線を踏襲する後継候補者はなぜ出てこないのだろうか。

 9月には自民党総裁選がある。今年は国政選挙がないなか、唯一の大きな政治イベントといえる。石破茂元幹事長は、『石破茂と水月會の日本創生』という派閥政策集を出した。その中で、石破氏は、持論の憲法改正について「9条2項削除」を主張している。これは、もともと保守系政治家が主張していたことで、安倍晋三首相が、現実的な憲法改正をにらんで9条1項と2項をそのまま残すことに対抗したものだ。

 しかし、政策集ではアベノミクスへの対案は乏しい。そもそもマクロ経済政策への言及はほとんどなく、外交にも触れていない。

 ミクロ経済政策についてはこんな動きがあった。石破氏は、チケット転売について従来の転売規制を強化する議連を率いているが、そこで転売規制強化の議員立法を明言したのだ。

 チケット転売問題の解決は規制強化ではなく、経済原理にもとづいたオークション導入や2次転売市場の整備というのがセオリーだ。

 だが、石破氏が掲げたのは正反対の方策だ。ここが石破氏の経済政策の限界だと筆者は考える。

 石破氏はまた、マクロ経済では、経済成長よりも財政再建を重視するコテコテの財政再建論者として知られている。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング