zakzak

記事詳細

《zak女の雄叫び お題は「輪」》「24時間最大○○円」コインパーキングの料金表示にトラブル多発? (1/2ページ)

 「24時間最大○○円」などと書かれたコインパーキングの料金表示をめぐり、全国の消費生活センターに相談が相次いでいる。目立つのは24時間経過後は通常料金になるのにその表示がなかったり、不明瞭だったりして高額の支払いを求められるケースだ。中には、数千円と予想していたのに数万円を請求された-といった苦情も。廻り始めたトラブルの“輪”を断ち切る術(すべ)はあるのか。何が起きているのか。

 「最大24時間2000円」。そう表示されたコインパーキングを見つけ車をとめることにした。最大料金は繰り返し適用されると思い、3日間利用したら、請求されたのは想定していた金額(6000円)を大幅に上回る数万円。「24時間経過後は通常料金が加算される」との表示はなく、困惑している…。

 全国の消費生活センターには最近、こうしたコインパーキングの最大料金に関する苦情や相談が相次いでいる。消費者庁によれば、多いのは「24時間最大○○円」などと書かれた表示に関する相談だ。コインパーキングの中には、最大料金の適用が「1度限りなのか」「24時間以降も繰り返されるのか」を表示していないケースもあり、消費者が知らないまま長期間利用して高額を請求されるトラブルが目立つ。

 最大料金の適用が1度限りの場合、一般的に24時間経過後は通常料金での加算が始まることになる。例えば、「24時間最大3500円」「8~22時は30分ごとに500円/22~8時は60分ごとに200円」とだけ書かれた看板があるとしよう。最大料金は繰り返し適用されるものと考えた利用者が月曜の午前8時に入庫し、水曜の午前8時に出庫したとすると「計48時間だから7000円」と思っていた支払いは1万9500円になる計算だ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング