zakzak

記事詳細

米海兵隊との実動訓練であらゆる戦術学ぶ「アイアンフィスト18」 島嶼部防衛 (1/2ページ)

 2018年は陸上自衛隊にとって画期的な年となる。陸自創設以来最大となる、部隊の新編および改編が行われるからだ。中でも、今までなかったのが不思議と言われている、陸上自衛隊全体を一元的に運用する「陸上総隊」が新編される。

 陸上総隊には、いくつかの直轄部隊が編制される。その1つが日本版海兵隊「水陸機動団」だ。今回新設され、約2000人で構成される。随時増強していき、最終的には約3100人もの大部隊とする計画だ。

 日本の南西諸島部は、防衛空白地帯といわれる。防衛警備を完璧にするには、すべての島々に部隊を配置するのが一番だが、常日ごろから人材不足にあえぐ自衛隊には現実的ではない。

 そこで、敵が侵攻する兆候が見られれば、海上自衛隊艦艇などを使い、部隊を迅速に島々へ送り、敵の上陸を阻止する防御体制を構築する。万が一、敵に奪われたら、奪還作戦を繰り広げる。こうした戦術を実行するのが水陸機動団である。

 ゼロから作り上げるわけではない。部隊の中核となるのが、02年3月27日に新編された「西部方面普通科連隊」である。約660人で構成され、相浦駐屯地(長崎県)に所在する。

 同部隊は創設されると、米海兵隊からあらゆる戦術を学んでいった。その代表的訓練が、米西海岸にあるキャンプ・ペンデルトン(カリフォルニア州)で06年より毎年行われている「アイアンフィスト」だ。

 まずは、装具を身に着けたままプールで泳ぐ方法や、偵察用ボートの運用方法など、これまで陸自では考えてこなかった水陸両用戦の基本から学んでいった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング