zakzak

記事詳細

江崎沖北相が脳梗塞の疑い 検査入院、公務取りやめ

 菅義偉官房長官は20日の記者会見で、江崎鉄磨沖縄北方担当相が軽い脳梗塞の疑いがあるとして検査入院したと明らかにした。入院期間は数日間の見通しで、20日に予定されていた閣議や衆院予算委員会などの公務は取りやめた。

 菅氏によると、江崎氏は19日夜に体調不良を訴えたため病院で診察を受けたところ、言葉を正しく発声できない「構音障害」があると診断された。軽い脳梗塞の疑いもあるため検査入院が必要になったという。江崎氏から菅氏に直接連絡があった。

 菅氏は会見で、江崎氏の臨時代理を置くかを問われ「検査結果を待ちたい」と述べるにとどめた。政府高官は「症状が軽度なら続投になる」と記者団に語った。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング