zakzak

記事詳細

ナンバープレート目当てのEV人気 飽和近づき、未来に暗雲も (1/2ページ)

 このニュースをいったいどう受け止めたらよいのだろう。

 2017年12月10日に北京市共産主義青年団の機関紙『北京青年報』が報じた電気自動車(EV)に関する特集記事だ。

 記事のタイトルは、〈北京市で新エネルギー車(電気自動車)のナンバープレート申請者の数が12万を上回る 来年の枠もすでにいっぱいに〉。

 記事の内容は、タイトルの通り電気自動車の購入希望者が急増しているというもの。昨年、本格的にEVへと舵を切った中国政府にしてみれば狙い通りといったことかもしれない。

 だが、それほど単純な話ではない、と語るのは、EV事業も手掛けるコンサルタントだ。

 「そもそも消費者が、慣れ親しんだガソリン車ではなくEVを購入しようと決心する動機は、都会では入手が困難であるナンバープレートを手に入れやすいということです。北京では単純に倍率が高すぎますし、上海でナンバープレートを手に入れようとすれば、車を購入するほどのコストがかかりますから」

 「その意味では、都会でEVへの需要が喚起されるのは、当初の見込み通りということがいえるのです。しかし、EVでも同じようにナンバープレートの問題があるとすれば、この需要も数年間で消えてしまうかもしれませんからね」

 昨年10月、私は北京でEVの関係者と多く接触し中国のEVの未来について記事を書いた。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング