zakzak

記事詳細

北メディア、米国が緊張緩和を壊す

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は19日、平昌(ピョンチャン)冬季五輪を控えて米韓両軍が実施した合同訓練をめぐり、米国を非難する署名入りの論評を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

 米韓両軍は、北朝鮮国内に入って核兵器などを含む大量破壊兵器を除去することを想定した訓練「ウォーリアー・ストライク」を行った。韓国軍当局が1日、発表した。

 論評は、訓練に対して「良好に進んでいる北南関係改善の流れをあくまでも阻もうとする戦争狂信者の挑発行為としか見られない」と指摘した。

 また、「はじめから米国は北南関係の改善を願わなかったし、故意的な情勢激化で北南関係の改善と緊張緩和の雰囲気を壊すための悪事だけを働いている」と非難した。

 その上で、「米国こそ、朝鮮半島で緊張状態を激化させ、わが民族の統一を阻む張本人である」とし、「北南関係の改善と緊張緩和の雰囲気が壊れるようになると、全責任は米国が負うことになるであろう」と強調した。

デイリーNKジャパン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

アクセスランキング