zakzak

記事詳細

イバンカ氏の五輪閉会式出席で文大統領を追試 ジャーナリスト・潮匡人氏「米は与正氏と比較」 (1/3ページ)

 ドナルド・トランプ米大統領の長女、イバンカ大統領補佐官が23日から韓国を訪問する。平昌(ピョンチャン)冬季五輪の閉会式(25日)出席が目的だが、北朝鮮が仕掛けた「微笑み外交」に籠絡寸前とされる、韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権への“最終試験”という意味合いもありそうだ。注目される金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与正(キム・ヨジョン)氏との接遇比較。果たして、韓国は同盟国として信頼できるのか、否か。イバンカ氏への対応次第では、米韓関係は史上最悪の状態に突入する可能性もある。 

 イバンカ氏は23日から3泊4日の日程で訪韓する。

 韓国紙、中央日報(日本語版)は20日、青瓦台(大統領府)関係者の「イバンカ氏は今回、米国公式代表団団長の資格で韓国を訪れる。文大統領が、金与正氏を迎えた以上に最高の礼遇をするだろう」という話を伝えた。

 与正氏は、北朝鮮の独裁者、正恩氏に直言できることで知られ、「事実上のナンバー2」との見方もある。正恩氏の「特使」として北朝鮮高官代表団を率いて訪韓し、9日の五輪開会式などに出席した。笑顔の後に時折見せた冷淡な表情が印象的だった。

 韓国政府が、それ以上の礼遇をするというイバンカ氏は、モデルとして活躍した美貌に加え、トランプ氏と同じ名門ビジネススクールを卒業した才媛。やはり父のトランプ氏に遠慮なく意見でき、米政権の政策決定にも影響を与える人物だ。

 昨秋にイバンカ氏が来日した際、日本も最高級のおもてなしをした。安倍晋三首相が夕食会に招待したほか、河野太郎外相や野田聖子総務相らとの個別会談も行われた。単なる大統領補佐官ではない厚遇だった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

アクセスランキング