zakzak

記事詳細

報道が無視した予算委公聴会の中身 「財政再建はすでに完了」「加計騒ぎで特区議論が萎縮」 (1/2ページ)

 筆者は21日に開かれた衆議院予算委員会公聴会に公述人として出席した。

 公聴会は予算案審議において重要な意味を持つ。というのは、公聴会が終われば、これまでの経緯から言えば採決が行われるからだ。予算案は、衆議院での議決後30日以内に参議院が議決しないと衆議院の議決が国会の議決になるという衆議院の優越があるので、年度内の予算成立を目指す政府与党は公聴会日程を重要視しているのだ。このため、毎年ほぼこの時期に公聴会が行われる。ちなみに昨年も2月21日だった。

 筆者は、(1)マクロ経済政策は雇用の確保のために行うべきだ(2)財政状況は政府と中央銀行を会計的に連結した統合政府でみるべきで、現在の財政状況は米国よりいい(3)五輪前に規制改革が行われていないことは問題だ-と述べた。

 (1)と(2)は本コラム読者ならおなじみだろう。(1)については、NAIRU(インフレを加速しない失業率)が日本で2%台半ばであることを説明し、それを達成する最小のインフレ率2%をインフレ目標としている。NAIRUの達成の具体策は、内閣府の計算したGDPギャップで2%という有効需要をつくることで、金融緩和か財政支出を行う必要があると話した。

 そのうえで、「一流大学は常に就職率はいいが、うちみたいな大学は雇用状況の影響をもろに受けるので5~6年前は厳しかったが、今はほぼ全員が就職している。教師の私が言うのも変だがこの5年間で学力の向上は全くなく、アベノミクスの金融緩和で失業率が下がったおかげである。学生は就職率の向上は自分の実力でないと理解しているので安倍政権の支持率が高い」と発言したら、議場で笑い声が上がった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング