zakzak

記事詳細

G20大阪開催決定の背景に官邸と橋下・松井氏の良好な関係 都構想の住民投票に影響も? (1/2ページ)

 来年の20カ国・地域(G20)首脳会合が大阪開催に決まった。時期については来年6月末から7月初旬とする方向だという。

 開催地については大阪府・市、愛知県、福岡市が誘致を名乗り出ていた。表向きの決定理由は、各国首脳や同行職員、報道関係者らの宿泊には3万室以上が必要だが、福岡市では用意できなかったからだという。ただし、橋下徹前大阪市長・松井一郎大阪府知事と、安倍晋三首相・菅義偉官房長官との個人的に良好な関係を無視して今回の決定を考えることはできないだろう。

 もちろん大阪は日本第2の都市で、各国要人を迎える施設や空港などインフラもきちんと整備されており、G20開催都市にふさわしいのも事実だ。1995年にアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議が開催された実績もある。

 G20は2008年から開催されている。19年の大阪開催はG20としては14回目だが、日本での開催は初めてだ。「25年の万博大阪誘致にも弾みがつく」と松井知事は語っている。

 大阪の国際的な知名度がアップすれば、観光客のさらなる増加にもつながるだろう。昨17年に大阪府を訪れた訪日外国人客(インバウンド)数は1100万人、消費額は1兆1731億円となった。インバウンド1000万人、消費額1兆円超えは、大阪観光局の統計では初めてで、それぞれ前年比で2割増、3割増という好調ぶりだった。この好調さは来年のG20誘致によって維持されていくだろう。G20が地域経済に与える影響は決して小さくない。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング