zakzak

記事詳細

カワゆい手袋、美女軍団の“自由主義”に萌え~

 平昌冬季五輪で北朝鮮から派遣された美女軍団が帰国した。北は9日から始まるパラリンピックには美女軍団の派遣を見送ると表明。美女たちは、五輪会場で朝鮮歌謡「またお会いしましょう」を歌っていたが、次に会えるチャンスはなくなってしまった。

 おそろいのスキーウエアを着込んだ美女軍団のファッションは味気ない感じだった。唯一、手袋はカワゆいのを使っていた。指先を使えるように、手のひらの下半分だけ隠すくノ一みたいな見た目だ。

 よ~く見ると、手の甲の部分にミトンが装着されており、寒くなったら全体を隠せる2ウェイタイプになっている。また、紅白のカラーリングもカワいい。

 約220人の美女軍団員は上着を脱ぐのも同じタイミングだったが、手袋だけは着用している子といない子がいた。数少ないファッションの“自由主義”に萌えた。(北朝鮮ウオッチャー、金正太郎)

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング