zakzak

記事詳細

「一蘭」書類送検へ 留学生に違法労働疑い

 大阪・ミナミの店舗で外国人留学生らを違法に働かせたとして、大阪府警南署が週内にも、入管難民法違反(不法就労助長)などの疑いで、全国で豚骨ラーメン店を展開する「一蘭」(福岡市博多区)の社員らと、法人としての同社を書類送検する方針を固めたことが4日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、社員らは一蘭本社で労務管理を担当。ミナミの店は本社が直接、店員の勤務管理などに関与していたとみられる。

 社員らは昨年、大阪市中央区の2店で、ベトナム人留学生らを、法定の上限時間を超えて働かせた疑いが持たれている。留学生の間で「一蘭は給料が高い」と評判で、2店では多くの外国人が働いていたという。

 南署は昨年11月、入管難民法違反(資格外活動)の疑いでベトナム人の元留学生の女を逮捕し、関係先として本社などを家宅捜索した。その後、同法違反容疑で他の複数の外国人留学生らも逮捕し、捜査をしていた。

 ホームページによると、一蘭は1993年設立。1人ごとに仕切られたカウンターが特徴で、国内や米国、香港などで約70店舗を展開している。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング