zakzak

記事詳細

トランプ氏、文氏“無視”で北朝鮮攻撃へ 米情報当局関係者「内部に反正恩一派つくることに成功」 (1/2ページ)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は5日、鄭義溶(チョン・ウィヨン)大統領府国家安保室長をトップに、徐薫(ソ・フン)国家情報院長ら「特使団」を北朝鮮に派遣。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に、文大統領の親書を手渡し、米朝対話の意向を確認できるかが焦点だ。異例の閣僚級2人の派遣は、ドナルド・トランプ米政権による「北朝鮮の非核化」に向けた決意に脅えていることの裏返しといえる。有事に備えた、米軍と中国人民解放軍の動きとは。ジャーナリストの加賀孝英氏の独走リポート。

 まず、最新情報を報告したい。米情報当局関係者から入手したものだ。

 「ジェームズ・マティス米国防長官は2月初旬、『北朝鮮への、あらゆる軍事作戦の準備に入れ!』との極秘指令を出した。米軍はすでに、アジア太平洋地域で『弾薬・ミサイルの備蓄』を完了した。トランプ氏の命令で、戦略爆撃機や原子力潜水艦がいつでも即攻撃に入る。臨戦態勢だ」

 「CIAが脱北者などの協力で、北朝鮮内部に反正恩一派をつくることに成功した。正恩氏のそばに一派の人間がいる。米国は、正恩氏の正確な居場所を把握している。経済制裁で朝鮮人民軍全体が飢え、一部幹部らは正恩氏を恨み、クーデターを条件に命乞いを始めた。正恩氏は護衛を倍にしたが、狂乱状態になっている」

 中国の情報もある。米国の軍事行動を容認しているという。情報はこうだ。

 「中国人民解放軍が2月から、中朝国境近くで、米軍の攻撃開始と同時に強行する『北朝鮮進攻作戦』の実戦訓練を行っている。兵士らは、朝鮮語で『ひざまずけ!』『撃つぞ!』などと叫び、核施設などを制圧する演習を繰り返している。北朝鮮に接する遼寧省などに、十万人規模の難民収容所も完成した」

 韓国と北朝鮮は「南北融和・朝鮮半島の危機回避」を演出している。だが、ウソだ。朝鮮半島危機(第2次朝鮮戦争の勃発)は高まっている。

 私(加賀)は前回連載(2月20日発行号)で、《3月以降、米軍は電撃的奇襲攻撃の臨戦態勢に入る》と報告した。事実、韓国・平昌(ピョンチャン)冬季パラリンピックが終了する18日以降、いつ米朝衝突が起きても、おかしくない。

 トランプ政権の決意を示すように、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は2月28日、「米軍は先週、北朝鮮問題の外交努力が失敗した際に備えて、朝鮮半島有事を想定した『秘密の図上演習』をハワイで実施した」と報じた。

 米CNNテレビは1日、複数の関係筋の話として、「北朝鮮が米本土を攻撃可能な『核・ミサイルの開発』に成功した場合、関連技術をイランやパキスタン、テロ組織などに拡散させることを阻止するため、北朝鮮への軍事行動の実施を検討している」と報じた。

 防衛省関係者は「米国は、トランプ氏の『ゴーサイン発動』に備えた態勢を整えた」といい、こう続けた。

 「トランプ政権は2月以降、軍事作戦に否定的だった『対話優先派』を一掃している。次期駐韓米国大使に内定していたジョージタウン大学教授のビクター・チャ氏の人事が白紙となり、国務省のジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表の辞任も明らかになった。米国は2月末、北朝鮮への海上密輸を阻止するため、事実上の海上封鎖にも踏み切った。4月に米韓合同軍事演習も行う。米軍は、原子力空母『カール・ビンソン』を筆頭に3つの空母打撃群と、『ボノム・リシャール』など3隻の強襲揚陸艦を投入する。史上最大規模だ。北朝鮮は耐えられない」

アクセスランキング