zakzak

記事詳細

日本観光で横行する在日中国人による“同胞食い”の実態 (1/3ページ)

 中国人観光客は増加の一途だが、なぜか日本の観光業者は浮かぬ顔。最近は「在日中国人がもてなす日本旅行」がブームで、移動から宿泊、食事、お土産まで、観光客が使うお金がほぼすべて、中国人の懐に入る。そこに日本人の出る幕はない。ある中国人夫妻の東京観光に密着した。

 福建省から4泊5日の予定でやってきた観光客の李華さん(仮名/35歳)夫妻。待ち合わせ場所に指定してきたのは、東京・多摩エリアで高級住宅地として知られる街の「日本料理屋」だった。

 黒を基調にした落ち着いた店内には「日本酒飲み比べセット」の貼り紙が躍り、熱燗も勧めている。席に着くなり、刺身の盛り合わせが運ばれてきた。「刺身は中国の鮨屋でも食べますよ」(李華さん)。

 トロをつまみにビールで乾杯すると、夫妻のお目当ての料理が運ばれてきた。大阪のたこ焼き、宮崎のチキン南蛮タルタル、静岡の富士宮焼きそば。メニューを見れば、他にも名古屋コーチン、ゴーヤチャンプルまで、日本各地のご当地メニューが勢揃いしている。が、どれも味はマズい。明らかに冷凍食品だとわかる。

 「本当は北海道に行ってみたいけど、今回は日本の薬(健康食品)を買うのと東京見物が目的だし、4泊5日じゃ、いろいろ行けないからね」と李さんは言うが、この「日本料理屋」の経営者や料理人、アルバイトは皆、日本人ではなく、在日中国人だった。

 初めての“日本食”を堪能した夫妻が次に向かうのは新宿でのショッピングだ。すでに店の前には、トヨタの高級セダンが待っている。

 夫妻は、大陸の旅行会社に頼んで、あらかじめ白タクを手配していた。運転手の在日中国人は、栃木の土木会社で働いていたが腰を痛め、今は東京で車を借りて、白タクをやっている。この旅行のガイドを兼ねていて日本語も達者だ。

 「ワゴンだと、1日(1人につき)1万円。でも相乗りでコースも決まっているから、こっち(セダン)の方がいいよ。4時間で2万円」(運転手)

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

アクセスランキング