zakzak

記事詳細

「森友」傲慢発言連発で麻生氏降ろしが加速 朝日の“隠しカード”見極め (1/3ページ)

 学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書「書き換え」疑惑をめぐり、財務省は8日午前、参院予算委員会理事会に決裁文書「原本」の写しを提出した。与野党の攻防は第2幕に突入した。こうしたなか、麻生太郎副総理兼財務相の態度に批判が噴出している。一連の疑惑を挑発的な言動ではねつける姿勢が「傲慢」「不誠実」と映り、国民感情を逆なでしているのだ。安倍晋三内閣の重要閣僚が「政局の火種」となれば、支持率低下に直結しかねない。9月の自民党総裁選を見据えて、党幹部らがうごめき始めた。

 財務省は8日朝、参院予算委員会理事会に、注目の決裁文書「原本」の写しを提出した。これを受けて、6日から空転していた国会は動き出し、安倍首相や麻生氏らも出席して、2018年度予算案や予算関連法案を審議する参院予算委員会が開会される。

 ただ、野党各党は、財務省が前日、「原本」の写しは、それまでに国会議員に開示した文書と同じだと説明したことに、「同じようなものを持ってきても全く意味がない」(立憲民主党の福山哲郎幹事長)と反発している。徹底追及する構えだ。

 国会正常化に向けた動きの背景には、与党側の強い危機感がある。

 自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は7日の会談で、「財務省に対し、決裁文書に関する資料の調査と、関係者への聴取をして、一両日中に結果を報告するよう求めるべきだ」との認識で一致した。二階氏は直後、安倍首相の側近である西村康稔官房副長官と会って直接要請し、資料を速やかに国会に提出することも求めた。

 安倍首相と二階氏は同日夜、都内の日本料理店で会食した。会食の日程は2月下旬に決まっていたが、決裁文書に関する疑惑をめぐって意見交換した可能性が高い。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

アクセスランキング