zakzak

記事詳細

グローバル系に合格者が多い高校ランク 3位国際、都立初の「国際学科」設置校 (1/2ページ)

 日本のグローバル化が加速するなか、グローバル系大学・学部に強い高校はどこか。今週はグローバル系に合格者が多い学校ランクを紹介したい。ここでは国際教養大、早稲田大・国際教養学部、法政大・GIS(グローバル教養学部)、立命館アジア太平洋大(APU)の4大学・学部に合格者が多い学校を選んだ。

 グローバル系学部の人気が上がっている。国際教養大、早稲田の国際教養、法政のGISは授業がすべて英語、卒業までに留学が必須。APUは、学生が日本人と海外からの留学生が半分ずつで国際性あふれる。

 塾講師は「早稲田では、政治経済や法の学生が国際教養の学生に『国際教養学部ってすごい。自分は絶対無理』と言っていました。偏差値ではなく、授業すべてが英語の学部に進学する学生には、周囲の見る目も違うようです」という。法政のGISは、法政で最難関の学部になってきた。

 そのグローバル系学部に強いのが、トップの頌栄(しょうえい)女子学院だった。内訳は、早稲田が12人、法政が2人。早稲田の合格者数は全国トップ。2位の日比谷は、内訳が国際教養3人、早稲田9人、法政大1人。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング