zakzak

記事詳細

朝日新聞は恥知らずな対外発信をやめよ 国内で「大誤報」を認めながら…

 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で、マイケル・J・フォックスが演じた主人公は、米国人にとって最大級の侮辱「Chicken(チキン=臆病者)」と呼ばれて、反射的にキレた。

 日本人の場合、「恥知らず」や「卑怯(ひきょう)者」と呼ばれると激怒するのではないか。

 だが、私がこれらの表現をすべて使いたくなる存在が、東京・築地にある。まずは別項の英文と和訳を読んでほしい。

 朝日新聞デジタル英語版に今年1月9日付で掲載された記事の一部である。

 先の大戦中、金銭を対価に日本兵に性行為を提供する、「慰安所」が存在したことは歴史的事実だ。日本軍は性病対策の必要性などから、慰安所の設置や運営に関与した。慰安婦とは、この「軍公認の民間売春宿」が雇った女性のことだ。日本軍が朝鮮人女性を強制連行して性奴隷にした事実はない。

 朝日新聞は2014年8月、吉田清治氏の「慰安婦強制連行・性奴隷説」の証言を虚偽と認め、「大誤報」として過去の記事を撤回した。私が知る限り、朝日はその後、同趣旨の記事を日本語では発信していない。

 ところが、朝日新聞デジタル英語版が、海外の慰安婦像設置などの話題を報じるとき、前記したような表現が挿入されるのだ。類似表現は今年4月や6月にも確認できた。

 国内で「大誤報」を認めた事実と真っ向から矛盾する行為であり、「慰安婦強制連行・性奴隷説」を意図的に世界中へ流布していると疑われても仕方ないのでないか。

 多くの海外メディアは、朝日の英語の発信と酷似した表現をいまだに使用し、海外で日系の子供がいじめられる原因にもなっている。

 私は今年2月、オーストラリアで慰安婦像設置を阻止したAJCN代表の山岡鉄秀氏とともに、「朝日新聞英語版の慰安婦印象操作中止を求める有志の会」を立ち上げ、前記表現(forced to provide sex)を今後使用しないことなどを朝日に求める署名を募集した。6日、築地の朝日新聞東京本社に約1万400人の署名を届ける。

 「義を見てせざるは勇無きなり」である。私は米国人なので「チキン」と呼ばれたくはない。

 ■朝日新聞デジタル英語版(1月9日付記事の一部)

 《comfort women, who were forced to provide sex to

 Japanese soldiers before and during World War I I. 

Many of them come from the Korean Peninsula.》

(=慰安婦は、第二次世界大戦前および大戦中に日本兵への性行為を強制された。多くは朝鮮半島出身だった)

 ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。著書に『儒教に支配された中国人・韓国人の悲劇』(講談社+α新書)、『トランプ大統領が嗤う日本人の傾向と対策』(産経新聞出版)、『日本覚醒』(宝島社)など。

関連ニュース

アクセスランキング