zakzak

記事詳細

「あおり運転」ついに殺人罪適用 追突後「はい、終わり」の音声 ドラレコで殺意立証

 社会問題化した「あおり運転」問題で、ついに殺人罪が適用された。堺市南区で乗用車にあおり運転された上に追突されたバイクの男性が死亡した事件で、大阪地検堺支部は23日、中村精寛容疑者(40)を殺人罪で起訴したのだ。ドライブレコーダーに、中村被告の“殺意”が明確に記録されていた。

 あおり運転による死亡事故に殺人罪を適用するのは異例。地検堺支部は認否を明らかにしていないが、ドライブレコーダーの記録が、殺意を裏付ける根拠となった。大阪府警の調べには殺意を否認していた。

 捜査関係者によると、中村被告の車はバイクに追い抜かれた直後に急加速。クラクションを鳴らしたりパッシングなどを繰り返したりし、時速100キロ近いスピードで追突した。

 府警交通捜査課は中村被告のレコーダーを分析。追突まで約1分間、約1キロにわたって執拗に続いたあおり運転の様子が記録されており、衝突直後には「はい、終わり」という音声が残されていた。高田さんに向けたものとみられる。

 こうした経緯から、地検堺支部は過失と認められないと判断し、殺意を認定したもようだ。

 起訴状によると、2日午後7時半ごろ、堺市南区の府道で、追い抜かれたバイクに腹を立て、衝突すれば死亡させるかもしれないと認識しながら追突。大学4年の高田拓海さん=当時(22)=に脳挫傷や頭蓋骨骨折などのけがを負わせ、死亡させたとされる。

関連ニュース

アクセスランキング