zakzak

記事詳細

沖縄県知事選、何が「翁長氏の遺志継ごう」や…仕事は「反基地」だけちゃうで

 沖縄県の翁長雄志知事が亡くなった。死者にむち打つつもりはないが、政治家となると、生前の仕事の功罪が問われるのは仕方がないやろ。

 そやのにや。何やどのチャンネル回しても、コメンテーターや有名ジャーナリストらが「素晴らしい知事やった」「沖縄のために命がけで働き続けた」「国を相手に命削って戦った」やの…歯の浮くようなコメントばっかやないか。

 「沖縄のために命がけで働き続けた」は、今も尖閣諸島周辺海域で、中国の侵略を阻止せんとしている海上保安庁の保安官や海上自衛隊員たちにかける言葉やろ。

 翁長知事は、反基地運動にかまけてばっかで沖縄県の、わが国の島が、海が侵されようとしても何をしたの? そして最大の罪は、沖縄県政に「過激な反日分子」を招き入れたことや。

 何が「沖縄県民のため」や。あの知事の最終的な野望は、沖縄を日本から独立させて、米軍基地を追い出した後、中国に“売り渡す”ことやったんとちゃうか? 「何が翁長知事の遺志を引き継ごう」や。いつから沖縄の知事は前知事の遺言で決められるようになったんや。今時のヤクザでも襲名は合議制やで。

 まだまだあるで。何でテレビ局は、翁長知事が自民党沖縄県連幹部時代に、「辺野古沖移転推進の旗振り役」やったと、ホンマのことを報道せんのや。かつては、辺野古沖移転を承認した、前任の仲井真弘多知事の選挙参謀まで務めた男が「極左・反日」に転向したきっかけを何で取材せん。けったいやないか。何で真相を報道せんのや。

 その理由は、沖縄県民なら知らんもんはおらんが、恐うて誰も口に出せんだけやろ。

 翁長知事が“寝返った”その理由は、民主党(当時)が自民党から政権奪取したのを見たからやろ。鳩山由紀夫首相(同)が「沖縄の普天間飛行場は最低でも県外へ」を公約にして、総選挙に勝ったのを見て、今「反米」に転向したら「知事の座を奪える」と読み、それが当たっただけとちゃうか?

 まだまだあるで。知事の仕事は「反基地」だけちゃうやろ。沖縄県の島である尖閣諸島への中国公船の侵略に、何で県民集会開いて抗議せん? そればっかりか、中国人歓迎するための悪趣味な門まで、上海に発注して立てる忠義ぶり…この中・米の違いは何や。

 まだまだ何ぼでもあるが、不肖・宮嶋、今日はこれぐらいでカンベンしといたるわ。

 後任知事を選ぶ選挙は来月に前倒しされた。沖縄のことは「ヤマトンチューはほっといてくれ」と言いよるやろうが、沖縄には翁長知事の時代もこれからも毎年巨額の地域振興税が払われんや。日本人の血税や。沖縄県民の皆さま、今度こそ冷静になって投票してや。何ちゅうても沖縄は“まだ”日本やから。

 ■宮嶋茂樹(みやじま・しげき) 報道カメラマン。1961年、兵庫県明石市生まれ。日本大学芸術学部卒業後、「フライデー」専属カメラマンをへて、フリーになり、数々のスクープ写真を撮影。世界の戦場でも取材を行う。

関連ニュース

アクセスランキング