zakzak

記事詳細

「外国人労働者」ドンドン受け入れて日本国籍をとってもらおうというのは“No”だ

 外国人労働者の受け入れ拡大が議論されている。最近になってどの業界でも人材不足が叫ばれるようになったからね。

 町のコンビニエンスストアで働く若い外国人を見かけることも多くなった。就学ビザで日本の学校に通いながら働いているんだろう。コンビニ業界は今や、外国人なくして24時間365日の営業を回し続けていくのは不可能なのかもしれない。

 日本の若者にとっては、たかがコンビニのバイトなのかもしれないけど、働く外国人にとっては日本語が覚えられるだけじゃなく接客や小売業のノウハウが身につけられるから、学校よりも有意義な社会教育の場なんじゃないかな。情報のトレンドもキャッチできるし、働いた分だけの給料だってもらえるわけだからね。

 実際問題、ベーシックインカムなんかが導入されて、食うに困らない程度に国が面倒をみてくれるならば、労働は外国人に担ってもらうというのを「それでもいい」と考える人は一定数いるだろう。

 アラブ首長国連邦のドバイなんかは外国人の受け入れに積極的で、事業を興すのも大賛成。ただしそのときは必ずドバイの人を役員に入れる必要がある。働いているのはよそからきた人たちばかりで、ドバイの役員が彼らよりも高い給料をもらうという構図だ。

 では、現在の日本が「外国人が働く国として魅力的か」といわれたら、「まだまだ魅力的」というのがボクの考えだ。人手不足が叫ばれているということは、それだけ働けるチャンスがあるということだからね。大金をかせぎたいのであれば中国だって魅力的だろうけど、日本のような治安の良さは期待できないだろう。

 ボクが危惧しているのは労働者たちのオーバーステイだ。本来は在留期間の期限が来たら母国に戻ってもらうんだけど、日本に入国したらそのままいついて、日本人女性と家族まで持ってしまうというケースだ。しっかり管理できればいいのだろうけど、これがなかなか難しい。

 もちろん、最低賃金未満で外国人技能実習生を働かせているケースについてもきちんとした対応が求められる。つまり、外国人労働者の受け入れを拡大するならば、それにあったシステムをきちんと構築しておかなきゃいけない。

 もう一つ、彼らをドンドン受け入れて何なら日本国籍をとってもらおうというのは、ボク的には“No”だ。必ず政治問題に発展する。あくまで働き手不足の解決策であって、日本の人口増加を期待してはいけない。

 ■高須克弥(たかす・かつや) 美容外科医で医学博士。美容外科「高須クリニック」院長。愛知県出身。日本に「脂肪吸引手術」を普及させた先駆者で、「Yes、高須クリニック」のCMフレーズでもおなじみ。芸能界、財界、政界と幅広い人脈を持つ。著書多数、最新刊は「大炎上」(扶桑社新書)。

関連ニュース

アクセスランキング