zakzak

記事詳細

なぜロシア人は身体を鍛えるのか?

■ロシア医大生シンガー、ジュリア・ミント

 ドブラヴィーチェル、親愛なる日本の皆様!

 私の名前はジュリア・ミント。ロシア・ウラル地方の都市、エカテリンブルグの医科大学の大学院に通う学生であり、日本人コンポーザーとCrystal Mintという音楽ユニット活動をするシンガーソングライターであり、ロシアの興味深い事実のあなたのガイドです!

 今私はジムでワークアウトをしているところです。記念すべき第1回目は、なぜロシア人は身体を鍛えるのか? についてお話ししましょう!

 ロシアでは、多くの国民が男女ともに定期的にジムに行き、身体を鍛えます。ジムに行けば、男性よりも女性が多く、ちょっとした社交の場になっていたりもします。

 ちなみに、私の両親もソビエト時代にジムで知り合って結婚しました(笑)

 ジムの中でも、かなり厳しい鍛錬が必要な「Crossfit(クロスフィット)」は現在ロシアで最も人気があります。

 ジムの月会費は2000ルーブル(約3500円)、Crossfitの月会費でも4000ルーブル(約7000円)ほどですので、もちろん、学生である私もCrossfitに通っています!

 もし、あなたがロシアに来る機会があれば、日本でも有名な格闘技ファイター、エメリヤーエンコ・ヒョードル選手のような身体をした男性を街で見かけることでしょう。

 特に私が通っているエカテリンブルクのCrossfitのコーチの身体つきなどは、古代戦士グラディエーターそのものです!

 信じられないほどの重さのバーベルを上げ下げをする彼らのトレーニングはちょっと見ものです。まあ、ロシアでは男性は男性らしくがモットーですから(笑)

 では、ロシアの女性たちがCrossfitに通う理由はなんでしょう?

 ちなみに、私がCrossfitに通う理由は、主に力とインスピレーションを維持することです。特に、医学生である私にとって、例えば遺体解剖の授業の後に行うCrossfitのハードなトレーニングによって、ネガティブな気を一気に吹き飛ばしてくれたりもするのです。

 もちろん、ロシア女性のパワーの源、“美”のために体形を維持する目的でトレーニングをする女性も多いです。ロシアでも女性は女性らしくがモットーですので(笑) ではまた、ダフストレーチ(また会いましょう)!

■ジュリア・ミント 1994年ロシア連邦バシコルトスタン共和国生まれ。エカテリンブルグの医科大を経て、現在は大学院で眼科学を専攻する傍ら、日本人コンポーザーTAMAKIと共にノーザンスタイル・ダンスミュージック・ユニット“Crystal Mint”を結成。シンガーとして、主にヨーロッパで活動中。特技は英語、腕立て伏せ。(crystalmint.info)

アクセスランキング