zakzak

記事詳細

隠岐の島漂着の北朝鮮漁民「軍の偵察要員では」 「顔に黒い油」は高度な生命維持知識か 宮塚寿美子氏が緊急寄稿

 島根県隠岐の島町に8日、北朝鮮の木造船が漂着した。男性4人が上陸し、近所の住民に助けを求めた。島根県警の調べに、「職業は漁師。清津(チョンジン=北朝鮮北東部の都市)から来た」「イカ釣りをしていてエンジンが壊れた」と説明している。だが、「軍関係者ではないか」と分析する識者がいる。各国の軍関係者や脱北者らに太い情報網を持つ、國學院大學栃木短期大学の宮塚寿美子兼任講師が緊急寄稿した。

 今回の漂着男性4人について、韓国軍筋は、漁民と自称する男性らが10~30代と、比較的若い点に注目している。軍役が長い北朝鮮で若い世代は通常、どこかの軍に所属している。

 韓国軍幹部は、4人の写真を見たうえで、鋭い眼光や着衣などから「彼らが現役の軍人、ないしは退役軍人だ」と指摘した。島根県警が保護した際、男性らは“緑がかったような黒い油か、墨のようなもの”を顔に塗りたくっていた。住民も「顔が黒くてびっくりした」と証言している。

 男性らは「凍傷予防だ」と説明しているようだが、台湾で北朝鮮の乗組員を雇って遠洋漁業に出ていた台湾人船長は「北朝鮮の乗組員は長期にわたる遠洋漁業で凍傷防止として油などを塗るようなことはしていなかったし、習慣もない」と断言した。

 つまり、漁民の漂着を装っているものの、通常は持ち得ない「高度な生命維持のための知識」を、習得している可能性を察することができる。

 朝鮮人民軍は2010年11月、韓国北西部に浮かぶ延坪島(ヨンピョンド)に突然、大量の砲撃を浴びせた。この砲撃事件の直前、北朝鮮の漁民が韓国側に漂流し、拿捕(だほ)された事例があった。

 実は、この漂流は偽装漁民で、軍の指令を受け、韓国側の動きや地形、潮流を偵察していたことが判明している。

 今回発見された“玄人”のような4人は、最初から捕まるつもりで北朝鮮を出港し、日本までの潮流の動き、沿岸警備の状況、漂着後の対応を調査する工作活動をしていたのではないか。

 となると、北朝鮮が今後、日本に対して何らかの直接的な行動を起こすこともあり得る。十二分の警戒が必要だ。

関連ニュース

アクセスランキング