zakzak

記事詳細

“狂乱”韓国に安倍政権『制裁発動』決断か レーダー交渉打ち切り通告、識者「制裁に踏み切るべきときがきた」 (1/2ページ)

 韓国の狂乱状態が止まらない。同国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に「敵対行為」といえる火器管制用レーダーを照射した問題で、防衛省は21日、決定的証拠といえる「探知音」と「最終見解」を公表したが、韓国国防省は「機械の音だ」「深い遺憾を表明する」などと、相変わらずシラを切り続けているのだ。韓国とは、いわゆる「元徴用工」の異常判決もある。河野太郎外相と、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は23日、スイスで日韓外相会談を行う。韓国側の対応を受けて、安倍晋三政権は近く、「制裁発動」の最終決断を下しそうだ。

 防衛省は21日夕、火器管制用レーダーを照射された際、海自哨戒機で記録された電波信号を変換した「探知音」を公開した。一般的な捜索用レーダーの探知音も合わせて公表し、両レーダーの違いを明確にした。

 当初、ロックオンされた事実を哨戒機の乗務員に伝える「警告音」を公開するとの見方もあったが、世界各国の「軍事のプロ」が聴いて、「韓国海軍が火器管制用レーダーを使用した」と認識できるよう、「探知音」の公開に踏み切った。

 「最終見解」では、韓国側が説明を二転三転させ、データに基づく検証に応じない状況を詳述し、「これ以上協議を継続しても真実の究明に資するとは考えられない」として、韓国との協議を打ち切った。「嘘つき国家とは話ができない」と引導を渡したわけだ。

 自衛隊幹部も「今の韓国軍を『友軍』と呼ぶことはできない」と明言した。この「最終見解」は日本語と英語、韓国語で公表した。

 ところが、隣国は「黒を白」と言い続けている。

 韓国国防省は同日、「日本が提示した音は、韓国が要求した探知日時や方位、周波数の特性などを全く確認できない機械の音だ」との報道官声明を発表したうえ、日本の協議打ち切り通告に対し、「事実関係を検証する協議を中断することに深い遺憾を表明する」としたのだ。

 世論の一部もおかしい。

 同国のネット上では、「日本に戦略的に完敗した」という冷静な意見もあるものの、「反日」の文在寅(ムン・ジェイン)政権の影響か、「文大統領が勝った」「探知音など証拠にならない」「日本の哨戒機の低空飛行こそ問題だ」などと、日本批判が盛り上がっているという。

 「史上最悪の日韓関係」が続くなか、河野、康両氏による日韓外相会談が23日、スイスで開催される世界経済フォーラム(ダボス会議)に合わせて開催される。

 両国間には、レーダー照射問題だけでなく、いわゆる「元徴用工」をめぐる異常判決の問題もある。1965年の日韓請求権・経済協力協定違反といえるが、同判決を受け、日本企業が韓国に持つ資産が差し押さえられるなど、実害が発生している。国際ルールを無視する韓国に対し、日本国内では激しい怒りが沸騰しつつある。

 産経新聞社とFNNの合同世論調査(19、20日調査)でも、レーダー照射問題では、映像を公表した日本側の対応について85・0%が「支持する」とした。韓国側の「海自機が威嚇的な低空飛行をした」として謝罪を求める対応には、90・8%が「納得できない」と答えた。

 徴用工訴訟では、日本側の立場について、84・5%が「支持する」と回答。日本企業の資産差し押さえに「日本政府は相応の対抗措置を執るべきだと思う」とする回答も76・8%に上っている。

関連ニュース

アクセスランキング