zakzak

記事詳細

私立大の学部系統別学費平均ランク 医学部は国立の9倍以上

 センター試験が終わり、私立大の出願がピークを迎えつつある。今週は、私立大の学部系統別学費平均ランクを紹介したい。

 親にとって大学進学で最も頭が痛いのは学費の捻出だ。国公立大と異なり、私立大は各大学・学部で学費が異なる。そこで、学部別の4年あるいは6年の平均学費が高い順に並べてみた。

 トップは医学部で3216万円。国立大はどの学部でも学費は一律で、医学部でも350万円ほど。それに比べると、私立大は9倍以上かかる計算だ。高校の進路指導教諭は「私立大医学部の学費が値下げされたとはいえ、医学部志望の生徒で私立大の学費を払える親は医師を除くと、そうそういません。そうなると、国公立大医学部狙いになり、国公立大だと6年間下宿しても、私立大医学部の学費より安く抑えられますから、国公立大医学部志望者は日本全国の医学部が志望校になります」という。

 来年は私立大医学部は不適切入試の影響で、逆にもっとも透明な入試になりそうだ。そうはいっても学費は安くなるわけではない。

 2位は歯学部で2746万円、3位は獣医で1368万円、4位は薬学部の6年制で1213万円だ。ここまではいずれも修業年限が6年の学部で、普通より高くなるのもしかたないところだ。5位以下は4年で卒業できる学部で、1000万円は超えない。ただ、理系と芸術系の学部ばかりとなった。特に理系では国公立大人気が高いが、やはり学費の国私間格差が大きいことにある。高校の進路指導教諭は「国立大の学費は4年で約240万ぐらいですから、理系では浪人しても国公立大に進学する方が安いことが分かります。だから理系学部志望者に国公立大志向が強いのです」という。

 一方、文系はというと学部によるが、4年で平均434万~471万円で、理系よりかなり安い。そうはいっても、グローバル化時代の今日、子供が留学を希望したり、国際系の学部では卒業までに留学必須の大学も少なくない。学費に留学費用は含まれておらず、別途必要になってくる。入学後も学費で頭を悩ませることになりそうだ。

 ■安田賢治(やすだ・けんじ) 大学通信の情報調査・編集部ゼネラルマネジャー。1956年兵庫県生まれ。灘中高、早稲田大卒業後、大学通信入社。中高・大学受験の案内書・情報誌の編集責任者として大学合格や就職情報を発信。私立学校のコンサルティングにも協力。著書に『中学受験のひみつ』(朝日出版)など。

関連ニュース

アクセスランキング