zakzak

記事詳細

ゴーン容疑者、仏に逃げたかった!? 逮捕前、仏テレビで政府に「擁護」要請

 母国へ逃げたい思いだったのか。ゴーン容疑者は、再逮捕を前にフランスの民放テレビのインタビューで、「フランス政府に私を擁護してくれるよう、私の権利を守ってくれるよう要請する」と訴えていた。フランスに外交上の措置を求めたとも受け取れる。

 ただ、ルメール仏経済・財務相は「他の容疑者と同様、推定無罪が尊重されるが、それ以上でもそれ以下でもない」と述べ、「ルノーの過去の経営で、何が起きたのかを明らかにせねばならない」と指摘。フランスでも捜査対象となっていることを強調した。

 11日に記者会見を開くと予告していたゴーン容疑者。弁護人の弘中惇一郎弁護士は、日本外国特派員協会で4日に記者会見し、「会見で語られるはずだった主張は動画で記録している」と明かし、近く公開を検討しているとした。

 再逮捕後、接見した際のゴーン容疑者の様子について弘中氏は「容疑をはっきりと否定している。意思を同じくして徹底的に戦うことを確認した」と述べた。

 動画での反撃で流れは変わるか。

関連ニュース

アクセスランキング