zakzak

記事詳細

「日本遺産」新たに16件認定 東北の「金」や三重の海女文化 計83件に

 文化庁が、地域の有形・無形の文化財をテーマでまとめ、魅力を発信する「日本遺産」に21道府県の16件を新たに認定した。第5弾の認定で、日本遺産は計83件となり、東京都内で20日、認定証の交付式が開かれた。岩手、宮城両県の金産出の歴史を伝える「みちのくGOLD浪漫」や、三重県の「海女(Ama)に出逢えるまち 鳥羽・志摩」などが新たに加わった。

 日本遺産は、地域活性化や観光振興につなげようと2015年度から毎年認定。東京五輪・パラリンピックがある20年度までに100件程度に増やす。

 今回、岩手、鹿児島、沖縄3県でも初めて認定され、遺産がないのは東京都のみとなった。

 「みちのくGOLD浪漫」は、三陸地方に点在する金山跡や、金色堂で知られる世界遺産・中尊寺(岩手県平泉町)などで構成。金の産出と独自文化の歴史が実感できると評価された。

 「海女に出逢えるまち」は、海女漁の技術や関連する地元の祭りを含む。日本の海女文化を象徴し、訪日外国人客への訴求力も高いとされた。

 このほか西国三十三所の巡礼をテーマにした7府県の「1300年つづく日本の終活の旅」、琉球料理や泡盛、芸能といった沖縄県の伝統文化も選ばれた。

アクセスランキング