zakzak

記事詳細

韓国に「踏み絵」迫る米中…文大統領、G20は地獄!? 駐韓米大使「韓日の関係悪化、韓国に責任がある」 (1/2ページ)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、国家の存亡がかかった「踏み絵」を迫られた。米中新冷戦が顕在化するなか、「自由」「民主主義」「人権」「法の支配」という普遍的価値を共有する米国の陣営にとどまるか、共産党一党独裁の中国の陣営に軸足を移すかだ。期限は、大阪で28、29日に開かれるG20(20カ国・地域)首脳会合。こうしたなか、米情報機関は、中国の指示を受け日本国内で機密情報や最先端技術の収集・窃取、世論工作に従事している日本人の政治家や企業人、マスコミ関係者の「ブラックリスト」を作成している。ジャーナリストの加賀孝英氏の衝撃リポート。

 「韓国は大混乱だ。韓国大統領府は『文大統領は外交の天才』と、必死に国民を洗脳してきた。だが、『無能だ。ウソつきだ』とバレた。ドナルド・トランプ米大統領は文氏が大嫌いだ。韓国を見捨てるつもりだ」

 旧知の外務省関係者は、こう語った。衝撃は7日走った。

 ハリー・ハリス駐韓米大使は同日、韓国軍事学会と合同参謀大学がソウルで共同主催した「国防・軍事セミナー」の基調演説で、韓国を厳しく批判し、韓国政府に対し、以下の3点を要求したのだ。

 (1)米国が同盟国と進めている、中国通信機器最大手「ファーウェイ(華為技術)」排除に賛同せよ。「(中国包囲網と呼ばれる)インド・太平洋戦略」にも参加せよ。

 (2)韓国にある、米国企業の公正な競争を妨害する規制を撤廃せよ。

 (3)北東アジアの安全保障にとって、米韓日3カ国の関係正常化は欠かせない。韓日の関係悪化は韓国に責任がある。日本との関係を回復せよ。

 この3要求は、いわば先の日米開戦1カ月前の1941年11月、「この条件を飲んで全面降伏しろ、さもなくば戦争だ」と、米国が日本に突き付けた最後通告「ハル・ノート」の現代版ではないか。

 外事警察幹部は「文氏はいま、米中股裂き状態だ。中国も『米国が進めている反ファーウェイ戦略に反対を表明しろ。しないなら、報復措置をとる。韓国経済の息の根を止める』と脅している。文氏はオロオロと逃げまくっている」といい、こう続けた。

 「米中両国は『G20までに態度をハッキリさせろ!』と、文氏に迫っている。実は、文氏は主要各国の首脳から嫌われ、議長国の日本をはじめ、首脳会談開催がほとんど確定していない。四面楚歌(そか)だ。韓国は国家存亡の危機だ。文氏にとってG20は地獄になる」

 米国は本気だ。「中国との全面対決」を決断している。以下の事実で、一目瞭然(いちもくりょうぜん)だ。

 ◎5月下旬、トランプ大統領の知恵袋、スティーブン・バノン元首席戦略官兼上級顧問は、香港紙のインタビューで、「ファーウェイは、米国と世界各国にとって、国家安全保障上の重大な脅威だ」「ファーウェイは封じ込める(=殺す)」と発言した。

関連ニュース

アクセスランキング